降ってきたもの

高校3年生の夏のこと。

 

自分の部屋にクーラーが無いため、

その日は居間で受験勉強していた。

 

目標のとこまで済ませた時には、

もう夜中の3時を過ぎていたと思う。

 

さすがにこれ以上やると

明日に響くと思って、

 

勉強はそこで切り上げ。

 

両親はすでに寝入っており、

私のほかに起きているものはいない。

 

居間の電気を消すと、

家は本当の真っ暗闇になる。

 

真っ暗な中、

 

ふらふら壁を探りながら

自分の部屋へ向かった。

 

入り口の引き戸を開けて、

すぐ左にある蛍光灯のスイッチを押す。

 

蛍光灯特有の点灯前の点滅が、

チカッ、チカチカッ、

 

としたその瞬間、

 

何か黒いものが振り子的な動きで

ブワァと目の前に迫った。

 

(浅間山荘の事件で使われた鉄球を

正面から見たみたいな感じ)

 

それにビックリして

そのまま後ろに倒れて、

 

天井の方に視線がいった。

 

そしたら、手足をものすごい勢いで

ばたつかせた赤ん坊が上から落ちてきた。

 

逆光のせいか、

顔は真っ黒に見えた。

 

その後、

 

俺は瞼がくっ付くかと

思うくらい目を閉じて、

 

そのままの姿勢で硬直していた。

 

金縛りとかそんなんじゃなく、

ただ動くのさえ怖かった。

 

そしてその姿勢のまま、

朝を迎えた。

 

もう赤ん坊はいなかった。

 

(終)

スポンサーリンク

コメントを残す


↓↓気が向けば下のアイコンを応援(タップorクリック)していってください♪
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 心霊・怪談へ (ブログランキングに参加しています)
サブコンテンツ

月別の投稿表示

カレンダー

2017年12月
« 11月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  
特定のキーワードからサイト内の記事を検索するには、すぐ下の「検索窓」からキーワードを直接入力してご利用ください。
アクセスランキング

このページの先頭へ