霊界行きの深夜バス

ある男が夜遅く

バスで家に戻ろうとした。

 

が、駅に着いた時は

もはや深夜なので、

 

彼もまだバスが来るかどうか

を知らない。

 

だけど家は遠いので、

 

とてもじゃないが

歩ける距離ではなかった。

 

彼は意を決して、

そこでずっと待っていた。

 

もう来ないかと諦めかけた時、

突然バスが現れた。

 

彼は嬉しくて、

そそくさに乗りました。

 

が、ふと違和感を感じてしまった。

 

こんな夜中に何故か混んでいた。

座れる席は一つしかなかった。

 

それと人が大勢いるのに、

誰も口を閉ざし、

 

バス内は静まり返っていた。

 

不審だと思いつつ

彼は唯一空いてた席に座り、

 

隣に一人の女性がいた。

 

彼女は声を押さえ、

彼の耳元にこう囁いた。

 

「あなたこのバスに乗るべきではないよ」

 

彼は黙って続きを聞くことにした。

 

彼女は続いた。

 

「このバスは霊界に行くものよ。

 

あなたのような生きてる人が

どうしてここにいるの?

 

このバスにいる人は

誰も霊界に行きたくないよ。

 

あなたはすぐ彼らに捕まって、

誰かの替わりとして死んでしまうわよ」

 

彼は怖さのあまりで

言葉も出なかった。

 

身を震えながら、

 

どうすればいいかでさえ分からず

途方に暮れてる時、

 

彼女は、

 

「大丈夫、私が助けてあげる」

 

と言い出した。

 

そして突然、

 

彼女は窓を開けて

彼を連れて飛び降りた。

 

バスの乗客が、

 

「ああ!!逃げられちまった」

 

と大声で叫んだ。

 

彼が落ち着いた時、

彼女と二人で荒れた丘に立っていた。

 

彼は急いで、

 

「助けて・・・ありがとう」

 

と伝えた。・・・が、

 

彼女の口元が歪み、

筋肉が痙攣しながら笑いました。

 

そして咄嗟にこう言った。

 

「これであの人たちと

奪い合わなくてもいいわね」

 

(終)

スポンサーリンク

コメントを残す


気が向けば一押し応援していってください(*´∀人)♪
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 心霊・怪談へ ←ブログランキング参加中
サブコンテンツ

月別の投稿表示

カレンダー

2017年9月
« 8月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
特定のキーワードからサイト内の記事を検索するには、すぐ下の「検索窓」からキーワードを直接入力してご利用ください。
アクセスランキング

このページの先頭へ