仲間の弔いのための登山で

大学時代、

 

同じ山岳部だった

小岩が死んだ。

 

下山中に誤って崖から

足を滑らしてしまったらしい。

 

それから一週間後、

小岩の弔いのためにと、

 

私は大学時代に小岩と登った

山に来ていた。

 

途中、雨が降ってきた。

 

ふと前方を見ると、

なんと老夫婦がいるではないか。

 

向こうもこっちに気付いたみたいで、

木の下で雨宿りも兼ねて少し話をした。

 

男性の方はおしゃべりで、

私は聞き手側になっていた。

 

よく喋る主人と対照的に、

夫人は微笑んでいるだけであった。

 

雨が強くなってきて、私は

夫人の体力が心配になってくると、

 

「冷えてきたなぁ・・・。

 

これから下山道入るから、

あんたらもがんばれよ」

 

と、老夫婦は

下山して行った。

 

あまりにも自然な言葉で

聞き流してしまったが、

 

さっきの主人は、

「あんたら」と言った。

 

やはり、さっきから隣に

誰かいる気配があった。

 

小岩も私と一緒に

ここに来たのだろうか?

 

確認しようと下山道を振り返ると、

ひとつの人影があった。

 

さっきの夫人の姿は、

どこにも見当たらなかった。

 

(終)

スポンサーリンク

コメントを残す


↓↓気が向けば下のアイコンを応援(タップorクリック)していってください♪
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 心霊・怪談へ (ブログランキングに参加しています)
サブコンテンツ

月別の投稿表示

カレンダー

2017年12月
« 11月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  
特定のキーワードからサイト内の記事を検索するには、すぐ下の「検索窓」からキーワードを直接入力してご利用ください。
アクセスランキング

このページの先頭へ