古い三面鏡に映っている女

それは見るからに古く、

木製の大きな三面鏡だった。

 

部屋が微妙に傾いているのか、

『ギギ・・ギ・・』と少しずつ開くのだ。

 

何回か閉めたのだが、

すぐに『ギギ・・』と開く。

 

妙にその音が気になるから

全開にしておこう。

 

と言うことで、

全開にした。

 

開いてみると、

 

鏡面の端部に真っ黒な

染みが付いていて、

 

かなりの年代物だなぁ

と感じた。

 

何となく、気味悪いので

とりあえずバスタオルを被せた。

 

音も出なくなり、

俺たちは間もなく寝入った。

 

ふと夜中、

 

尿意を催し、

目が覚めた。

 

寝ていた離れには

便所がないので、

 

本家まで行かなければいけない。

 

邪魔臭いので朝まで

我慢して寝ようとしたが、

 

やはり無理。

 

『めんどくせーなー、

庭で済まそーかなー』

 

と、しばらく布団の上で

ゴロゴロしていた。

 

庭で済まそうと決意し、

 

部屋を出て、

玄関の横で小便をした。

 

月明かりが妙に明るく、

澄み切った星空が綺麗だった。

 

やっぱ田舎っていいなー

などと思い、

 

そのままそこで

タバコを一本吸った。

 

俺は女にもこの星空を

見せてやろうと思い、

 

玄関先から女を起こそうと

部屋を覗いた。

 

女にも見せようなんて

考えるんじゃなかった。

 

玄関から差し込む月明かりで、

女の寝姿が見えた。

 

その奥に三面鏡。

 

中央の面にバスタオルを

被せていて、

 

その右の鏡面に、

俺の姿が映っていた。

 

逆光で鏡に映る俺の表情は

見えないのだが、

 

鏡に映る俺の後ろに、

誰かがいる。

 

いや、

中年の女がうつむき加減、

 

半笑いの表情で鏡越しに

俺を見ていた。

 

俺は心臓が止まる思いで、

振り向く勇気もなかった。

 

明らかに、

 

この世の物でないと

一瞬で分かった。

 

何故なら、

 

俺自身の姿は逆光で

暗く映っているのに、

 

その中年女は逆光、

つまり影になっていない。

 

まるで鏡の中から俺を

見ているようだったのだ。

 

しばらく硬直状態で

目線を離せなかったが、

 

しばらくして中年女は

半笑いのまま、

 

鏡に映る俺の背中越しに

スゥーっと消えていった。

 

俺は慌てて女の足を引っ張り、

起こした。

 

寝呆け眼の女に

事情を説明したが、

 

「どーせ私をびびらせたいんやろ!

しょーもない事言ってんと早く寝!」

 

と、キレられた。

 

当然、それ以降は

寝ることなんて出来なかった。

 

三面鏡を閉じ、

 

タオルを何枚も繋いで

紐状にして、

 

三面鏡が開かないように

結んだ。

 

翌朝、

 

優しい婆さんに鏡のことも聞けず、

帰って来ました。

 

今でも、あの中年女の顔が

忘れられない。

 

俺は、あの中年女に

恋心を抱いてしまった。

 

(終)

スポンサーリンク

コメントを残す


↓↓気が向けば下のアイコンを応援(タップorクリック)していってください♪
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 心霊・怪談へ (ブログランキングに参加しています)
サブコンテンツ

月別の投稿表示

カレンダー

2017年12月
« 11月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  
特定のキーワードからサイト内の記事を検索するには、すぐ下の「検索窓」からキーワードを直接入力してご利用ください。
アクセスランキング

このページの先頭へ