山に居る変なモンの話

雑木林

 

これは、田舎の友人に聞いた話。

 

彼の家では、山で椎茸を栽培している。

 

時々、木に悪戯されたり盗られたりするので、山に見回りに行くそうで。

 

ある時、山をいつものように見回っていると、木々の向こう側に『動く影』を見つけた。

 

迷彩服でも着ているのか、どうにもハッキリと判らないので、彼は「ははあ、サバゲーでもしにきた連中だろうな」と思った。

 

「すみませーん、ここ、私有地なので入らないでもらえますかー?」

 

大声で注意した。

 

すると、その影はこちらに歩いてきた。

 

ザクッ、ザクッと枯葉や土を踏む音と一緒に影は近づいてくるが、輪郭や顔が見えない。

 

そのまま音と影は彼の横を通り過ぎ、どこかに行ってしまった。

 

「結局、アレが何なんだかわかんねえんだよ。親父や爺ちゃんに聞いても、山に居る変なモンだよ、としか言わないし」

 

彼は、そう言って首を傾げていた。

 

(終)

スポンサーリンク

あなたにオススメの記事


コメントを残す

CAPTCHA


スポンサーリンク
サブコンテンツ

月別の投稿表示

カレンダー

2022年7月
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  

【特集】過去の年間ランキング

(2020年1月~12月)に投稿した話の中で、閲覧数の多かったものを厳選して『20話』ピックアップ!
【特集】2020年・怖い話ランキング20
─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─
アクセスランキング

このページの先頭へ