紹介された物件での出来事

俺は家を出て

一人暮らしをしようと、

 

不動産屋さんと色々、

家を見て周った日の事。

 

色々見て周った、

何軒か目のアパート。

 

それまで気さくに話してた

不動産屋さんが、

 

何やらぎこちない。

 

懐に手を入れて、

案内してくれた。

 

なんかこう、外国の刑事が

銃を抜くような感じで。

 

靴を脱いで上がり、

 

二間だけどまあまあな部屋に

入っていった。

 

習性でコンパスで確認すると、

窓は西。

 

こりゃあ西日がきついなぁ、

なんて思ってたよ。

 

押入れとかもまあまあ広くて

意外といいけど・・・惜しいなと。

 

その旨を

不動産屋さんに話すと、

 

引きつった顔で笑って、

じゃあすぐ次に行きましょうって。

 

なんか怒るようなことしたのかなって

玄関に戻ると、

 

靴が六足ある。

 

男物、

俺と不動産屋さんのもの。

 

そして、

女性のとおぼしきもの。

 

その時の、声にならない

不動産屋さんの悲鳴・・・。

 

俺は靴履いて玄関閉めて、

・・・あれって気付いた。

 

不動産屋さんは猛スピードで

階段を走り降りていた。

 

ええ。

俺も走りましたとも。

 

響く足音は三つ。

 

俺の前と、・・・

後ろからも響きましたよ。

 

霊感はないけど、

 

ああもはっきりと見たのも聞いたのも

初めてでした。

 

あっ、言い忘れました。

 

不動産屋さんが懐で握っていたのは

御札でした。

 

車に乗り込むと御札を貼り、

何か唱えてました。

 

・・・ていうか、

そんな物件を紹介すんなよと。(笑)

 

(終)

スポンサーリンク

コメントを残す


気が向けば一押し応援していってください(*´∀人)♪
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 心霊・怪談へ ←ブログランキング参加中
サブコンテンツ

月別の投稿表示

カレンダー

2017年9月
« 8月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
特定のキーワードからサイト内の記事を検索するには、すぐ下の「検索窓」からキーワードを直接入力してご利用ください。
アクセスランキング

このページの先頭へ