見知らぬ同居人

ある20代の若い女性が

アパートに一人住んでいた。

 

だが、いつの頃からか、

夜中に閉めたはずの寝室のドアが

開いているようになった。

 

女性は気味が悪くなり、一度試しに

夜中に起きてみることにした。

 

すると、夜中の2時頃に突然スーッと

押入れの戸が開く音がした。

 

飛び起きてみると、押入れの戸の隙間から

男の目が覗いていた。

 

悲鳴を上げて部屋を飛び出すと、

後ろから髪をひっぱられた。

 

女性はそれを振りきって

近くの交番に駆けこみ、

事情を説明して数人の警察官と一緒に

アパートに戻った。

 

すでに男の姿はなく、

変わりに押入れから大量のゴミと

汚れた服が出てきた。

 

警察官は、

「この様子だと最低でも

2週間は住んでいましたね。

君、早くここを引越しなさい」

と言った。

 

その後、女性は管理人付きの

完全オートロックマンションに引っ越した。

 

(終)

スポンサーリンク

コメントを残す


↓↓気が向けば下のアイコンを応援(タップorクリック)していってください♪
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 心霊・怪談へ (ブログランキングに参加しています)
サブコンテンツ

月別の投稿表示

カレンダー

2018年2月
« 1月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728  
特定のキーワードからサイト内の記事を検索するには、すぐ下の「検索窓」からキーワードを直接入力してご利用ください。

ピックアップ③

アクセスランキング

このページの先頭へ