友達と下校中の信号待ちで

俺が小学校低学年の時。

 

その日もいつものように友達と下校中、

信号に引っかかった。

 

その道路は結構大きく、

交通量も多い。

 

通い慣れた道だし、

 

友達とのおしゃべりに

夢中だった俺は、

 

何も気にせず、

信号が変わるのを待っていた。

 

しばらくして急に意識が

遠ざかっていった。

 

ただ、「行かなきゃ!」っていう、

義務感だけがある。

 

そして、友達にランドセルを

引っ張られて、意識が戻った。

 

と、次の瞬間!

 

すぐ目の前を、

トラックが猛スピードで通りすぎた。

 

俺は車道に立っていた。

 

どうやら意識が無い間、

歩いていたようだ。

 

友達の話だと、

 

俺は信号がまだ赤なのに、

急に道路を渡ろうとしていたらしい。

 

俺はどこへ行くつもりだったんだろうか・・・。

 

(終)

スポンサーリンク

コメントを残す


↓↓気が向けば下のアイコンを応援(タップorクリック)していってください♪
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 心霊・怪談へ (ブログランキングに参加しています)
サブコンテンツ

月別の投稿表示

カレンダー

2017年12月
« 11月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  
特定のキーワードからサイト内の記事を検索するには、すぐ下の「検索窓」からキーワードを直接入力してご利用ください。
アクセスランキング

このページの先頭へ