初めての幽霊

私は霊感が強いほうだと思います。

 

高校生ぐらいからはタッロトカードによる占いなどもしていて、

友人たちからもよく当たると評判です。

 

私自身はカードに書かれていることを読んでいるだけなのですが、

占われている側は不思議がります。

 

心霊体験も日常的によくあります。

 

幽霊を見るのもありますが、

気配や話し声を聞くのはしょっちゅうです。

 

気配は、表現するなら空気がざわつく感じで

陽炎のように空中にゆらめきを見るときもあります。

それはいつものことなので恐怖感はありません。

 

話し声の方はたまにですが気味が悪いです。

何を言っているのかは全くわかりません。

 

耳元でラジオの混線のように、

クシュクシュというかゴショゴショというか

内緒話を凄く早口で小さい声で、

わざと聞き取りにくく言われてるみたいに聞こえてきます。

 

その声は1人だったり2~3人だったり、

男も女も子供も言ってることは全くわからないのに、

どんな人が話しているかのイメージだけは頭に浮かぶので

余計に気味が悪いです。

 

あるとき、自宅マンションの階段を下りて、

コンビニに買い物に行ったとき、

階段からずっとこういう声が付いてきて、

すごく怖い思いをしました。

 

その時ふと、

「自分はいつからこんな目に合っているんだろう」

と思いました。

 

それは小3の夏、

学校のイベントで学年で校内キャンプがありました。

 

そのとき、校内で肝試しをしたのですが

幽霊らしきものを見たのはそれが最初でした。

 

肝試しは1チーム3~5人の

仲良しでチームになっていきました。

 

先生があらかじめ何箇所かに折り紙を置いて来ていて、

それを取りながら進むという方式でした。

 

今となってはコースまで覚えてはいませんが、

幽霊を見たのは紙を全部集めた直後、

階段を上って最後の通りを抜け体育館に帰るときでした。

 

階段を上った先は、図書室と視聴覚室、第2音楽室が並ぶ通りで、

その先の階段を下りたら体育館へ帰る近道だったのですが、

第2音楽室の前に白い着物を着た人がユラユラと立っていたのです。

 

私は悲鳴を上げて、来た道を引き返しました。

一緒に行っていた友達3人も一緒に悲鳴を上げて逃げました。

 

途中、次のグループとも合流して、

違う道から体育館に戻りました。

その後のことは全く覚えていません。

 

後日、あの時に同じグループだった子から、

「あの時なんで、急にキャーッって言って逃げたの?」

と聞かれ、

 

「えっ、だって音楽室の前にお化けいたじゃん!」

と言っても、誰も見ていないということでした。

 

でもその場所は元々、

水道から離れているのに水浸しになっていたり、

飾った絵もボロボロになったりする

おかしな場所だったのです。

 

思えばあの日以来、

少しずつ奇妙な現象に出くわしたり、

見たりするようになった気がしますが、

あの時が1番怖かったです。

 

(終)

スポンサーリンク

あなたにオススメの記事


コメントを残す

スポンサーリンク
サブコンテンツ

月別の投稿表示

カレンダー

2018年9月
« 8月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30  
特定のキーワードからサイト内の記事を検索するには、すぐ下の「検索窓」からキーワードを直接入力してご利用ください。
アクセスランキング

このページの先頭へ