女性が殺されたその部屋は

女友達Kちゃんの話なんですが・・・。

 

ある日、Kちゃんと女1人と男1人の

計3人で飲みに行った時。

 

飲み終わって店を出た頃には、

終電の時間もとっくに過ぎていて。

 

これじゃ、どっかに

泊るしかないな~って事で、

 

仕方なくその辺のラブホに

3人で泊ったんですよ。

 

3人はベッドで川の字のような形で

寝ていたんですが・・・。

 

寝静まってから

二時間くらい経った頃。

 

真中で寝ていた女友達が

急にKちゃんを起こし、

 

もの凄い形相で「早く帰ろう!」

と言うんです。

 

「はぁ?さっき寝たとこじゃん・・・」

 

と、Kちゃんが言うと、

その友達は、

 

「お願いだから帰ろうって。

理由は後で言うから。

 

どうしても寝たいんなら

あたし一人で帰るけど・・・」

 

みたいな事を

何度も言うんです。

 

その様子が明らかに

おかしかったので、

 

仕方なく、

隣の男の子も起こしました。

 

しかし、

その男の子は起きないし、

 

泥酔状態でまともに話せる

様子ではなかったので、

 

二人で帰ることになりました。

 

そして始発時間も近くなった頃、

 

コンビニで時間を潰していた

Kちゃんの携帯が鳴りました。

 

相手はホテルに残った男友達。

 

「まだ寝てるはずなのに・・・」

 

と思いながら電話に出ると、

電話の相手はいきなり、

 

「お前ら何であんな部屋に

俺を置き去りにするんだよ!」

 

と、怒鳴ったらしいんです。

 

すると隣に居た友達は、

「あいつも見たんだ・・・」と。

 

友達は、あの部屋で

恐ろしいものを見たのです。

 

喉の乾きで

目を覚ました友達が、

 

冷蔵庫の方に行こうと

起き上がろうとした、

 

その時。

 

天井から髪の長い

女の人の霊が、

 

逆さ吊りのような形で

ヌッと現れたのです。

 

その女の人は

頭から血を流しているようで、

 

顔中が血だらけ

だったらしいです。

 

そして何かを訴えるような

声が聞こえたらしいのですが、

 

何を言ったのかは

分からなかったそうです。

 

友達の身体は

金縛りのように硬直して、

 

動かすことが出来ず。

 

そんな状態が一分ほど続き、

一瞬、フッと目を逸らした時、

 

その霊は消えていたそうです。

 

男友達と合流して、

 

その日は真っ直ぐ

帰路に着いたのですが・・・。

 

翌日の昼頃、

どうにも気がおさまらない3人は、

 

責任者に文句を言おうと、

またあのホテルに向かいました。

 

すると、

そのホテルの周りは、

 

警察やパトカーに

囲まれていました。

 

3人は、何があったのか

聞くついでに、

 

昨日の事で

文句を言ってやろうと、

 

ホテルの入り口前に立っていた

責任者の所へ向かいました。

 

そして、

 

「何かあったんですか?

 

うちらも昨日、部屋で変なもん見て

気分最悪なんだけど」

 

と言うと、

 

責任者は表情を曇らせ、

何を見たのかを聞いてきます。

 

3人は昨日の状況を説明しました。

 

すると、その責任者は

ますます表情を曇らせ、

 

こう言いました。

 

「昨夜、×××号室で、

 

女の人が頭をバットで殴られて

殺されたらしいんですよ・・・」

 

女の人が殺されたその部屋は、

 

3人が泊っていた部屋の、

ちょうど真上だったそうです。

 

そして殺された時間と

ほぼ同時刻に、

 

友達は天井から現れる

女の霊を見ていました。

 

その話を聞いた瞬間、

 

3人は寒気を感じて、すぐに

そのホテルの傍から去ったそうです。

 

(終)

スポンサーリンク

コメントを残す


気が向けば一押し応援していってください(*´∀人)♪
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 心霊・怪談へ ←ブログランキング参加中
サブコンテンツ

月別の投稿表示

カレンダー

2017年9月
« 8月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
特定のキーワードからサイト内の記事を検索するには、すぐ下の「検索窓」からキーワードを直接入力してご利用ください。
アクセスランキング

このページの先頭へ