首を吊った男が指差す先に

デリバリーのバイトでも、

チラシを配る時がある。

 

俺がチラシを配っていた

その日は、

 

雨が上がったばかりで

凄く寒かった。

 

水溜りのせいで

靴はグチョグチョだし、

 

まだまだ終わりそうにない件数に、

俺は苛立ちを覚えていた。

 

仕事を続けていると、

 

荘が二軒平行して建っている

場所があった。

 

荘か・・・。

 

集合ポストじゃねぇんだよな・・・、

面倒くさ。

 

荘は大抵集合ポストではないので、

一々階段を昇り降りしなくてはいけないのだ。

 

雨上がりのぬかるんだ地面を

不快に感じながら、

 

俺は階段を昇った。

 

昇り切ったところで

ふと横を向いてみると、

 

隣の荘の部屋が

丸見えな状態だった。

 

二階の左の部屋で

何かがぶら下がっていた。

 

男が首吊りをしていた。

 

目が悪い俺でも、

なぜか顔まではっきり見えた。

 

すぐに警察に電話し、

外で待っていたのだが、

 

「もしかしたらまだ生きているかも」

 

と思い、

その部屋の前に向かった。

 

鍵は掛かっていなかったので、

ドアは簡単に開いてしまった。

 

キッチンの他には

一部屋しか無いようだった。

 

玄関からすぐに、

浮いている男の後姿が見えた。

 

俺は恐る恐る男に近づいて

生きているか確かめたが、

 

やはり死んでいた。

 

俺が触れる力にも抵抗出来ず、

ブラブラと揺れていた。

 

その姿が死をリアルに感じ、

 

怖くなった俺が

部屋から出ようとした時。

 

男の右手が突然動いて、

向かいの荘の正面の部屋を指差した。

 

俺は叫び声を上げ、

部屋から飛び出した。

 

しばらく外で震えていると、

警察が来た。

 

一緒に部屋に入ると、

死体は元のままだった。

 

俺はしばらく夢に見るほど、

 

死体が動いた瞬間が

忘れられなかった。

 

後で聞いた話では、

 

遺体が指差したあの部屋からも、

数日後に首吊りが見つかったそうだ。

 

寂しく亡くなった男が、

 

同じような人間を早く見つけさせて

あげたかった、

 

のだと俺は思っている。

 

(終)

スポンサーリンク

コメントを残す


↓↓気が向けば下のアイコンを応援(タップorクリック)していってください♪
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 心霊・怪談へ (ブログランキングに参加しています)
サブコンテンツ

月別の投稿表示

カレンダー

2017年12月
« 11月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  
特定のキーワードからサイト内の記事を検索するには、すぐ下の「検索窓」からキーワードを直接入力してご利用ください。
アクセスランキング

このページの先頭へ