スキューバーダイビングのサイン

沖縄でスキューバダイビングの

インストラクターをしている、

 

Yという男性がいます。

 

Yさんは、

 

その日も10人の生徒を連れて、

海に潜っていました。

 

生徒たちはダイビングを楽しんでおり、

海も綺麗で、

 

いつもと何ら変わったところは

ありませんでした。

 

水中では手でサインを作って、

手話のように会話をします。

 

ボンベの空気にまだ余裕があるならば、

人差し指と親指で丸を作った『OK』の形。

 

もう空気が少なくなっているなら、

顔の前辺りで掌を下に向けた形。

 

空気はどうかというYさんのサインに、

 

生徒の半分くらいは空気が少ないという

サインを出しました。

 

(じゃあ、そろそろ一度上がろう)

 

Yさんはそう思って、

生徒を見渡しました。

 

すると、

 

少し離れたところにいる一人の女性に、

自然と目が行きました。

 

赤いウエットスーツを身に着け、

 

長い髪がゆらゆらと

水中に広がっています。

 

女性は『OK』のサインを

出しています。

 

(そういえばあの人、

さっきからずっと『OK』だな。

 

もう、俺も空気残量が

少なくなり始めたのに・・・)

 

自分の吐く息がゴポゴポと

泡になるのを見ながら、

 

Yさんはハッと気が付きました。

 

女性のレギュレーターからは、

まったく気泡が出ていません。

 

女性はまだ『OK』のサインを

出し続けています。

 

Yさんは生徒を連れて、

急いで海から上がりました。

 

船の上で人数を数えたところ、

ちょうど10人。

 

もちろん、海に入る前と

人数に変動はありません。

 

船の上にいる生徒の中に、

 

赤いスーツで髪の長い女性は

いませんでした。

 

その夜、

 

Yさんは宿所でインストラクター仲間に、

この話をしました。

 

すると、

 

海の中ではなく、

船の上でですが、

 

同じような格好の女の人を目撃した、

という仲間が数人いたのです。

 

「見間違いじゃなかったんだなあ、

あれ・・・」

 

「幽霊だったら、

ダイビング中に死んだ人とか?」

 

そんな風に、怖い怖いと

しばらく盛り上がっていると、

 

一人が不思議そうに言いました。

 

「何でずっと『OK』を

出し続けてたんだろうね?」

 

みんな顔を見合わせて

考え込みます。

 

すると、一人の男性が

ぽつりと言いました。

 

「『OK』じゃなくて、

『ゼロ』だったんじゃないか?」

 

「え?」

 

「ボンベに空気は無いって、

始めから言ってたんじゃないか?

 

残量はゼロだって・・・」

 

(終)

スポンサーリンク

コメントを残す


↓↓気が向けば下のアイコンを応援(タップorクリック)していってください♪
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 心霊・怪談へ (ブログランキングに参加しています)
サブコンテンツ

月別の投稿表示

カレンダー

2017年12月
« 11月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  
特定のキーワードからサイト内の記事を検索するには、すぐ下の「検索窓」からキーワードを直接入力してご利用ください。
アクセスランキング

このページの先頭へ