手の甲で拍手をする人達

あるカップルが、

海へドライブに行った。

 

砂浜に降り立ち、

しばし散策。

 

陽が落ちるにつれ

黒さを増していく海は、

 

二人に向かってぽっかりと

口を開いてゆくようだった。

 

寒気を感じた女が

ふと見やると、

 

浜沿いの遠くの方に

明かりが見える。

 

揺らめいていることから察するに、

炎の灯りらしい。

 

遠目に見ると、

 

どうやら炎を囲んで大人数での

宴会を催しているようである。

 

少々不審に思ったものの、

あまりにも楽しげな様子なので、

 

二人は吸い寄せられるように

彼らの方へ近づいて行った。

 

中年と思しきおっさん達が、

 

炎の点いたヤグラを囲んで

騒いでいた。

 

酒に酔っているのだろうか、

 

鼻を赤くしたおっさん達は、

 

とても楽しげに民謡のようなものを

歌っている。

 

「こんばんは。

何の宴会ですか?

 

楽しそうですね」

 

カップルの男が話し掛けてみた。

 

(田舎の話である。

 

見知らぬ人に話し掛けるのも、

そう珍しい事ではない)

 

しかし、おっさん達は

聞いていない様子である。

 

宴会のボルテージが

ピークに達したところで、

 

何人かのおっさんが

踊り始めた。

 

残りは座ったままで

拍手をしている。

 

ふと、違和感を感じた。

 

彼らは、手の甲で

拍手していたのだ。

 

カップルがそのことに気づいた途端、

おっさん達が黙った。

 

踊っていた者も、

動きを止めた。

 

気付けば既に潮が満ち、

 

一部のおっさん達は、

寄せる波に浸かっている。

 

それなのに微動だにせず、

ただただ炎を凝視していた。

 

気味悪くなったカップルは、

その場を逃げるように立ち去った。

 

だいぶ離れてから振り返ると、

宴会はまた始まっていた。

 

もう、楽しげな宴会には

見えなかった。

 

地元では、「裏拍手」は

死人の拍手とされている。

 

(終)

スポンサーリンク

コメントを残す


気が向けば一押し応援していってください(*´∀人)♪
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 心霊・怪談へ ←ブログランキング参加中
サブコンテンツ

月別の投稿表示

カレンダー

2017年9月
« 8月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
特定のキーワードからサイト内の記事を検索するには、すぐ下の「検索窓」からキーワードを直接入力してご利用ください。
アクセスランキング

このページの先頭へ