友人宅で体験した霊現象

中学の頃、

塾の先生に聞いた話。

 

先生が塾の講師になって

間もない頃、

 

ある冬の夜に、

友人3人と遊んでいた。

 

午前1時くらいになって

寒くなってきたから、

 

友人の中で一番部屋が広い

Aの家で泊まる事にした。

 

Aは親と住んでいるのだが、

 

ちょうど親が泊まりで旅行していて、

自由に使えるらしい。

 

最初のうちは、リビングで

酒飲んで喋ったりしてたんだけど・・・。

 

そのうち一人の女の子

(仮にBとする)が、

 

具合が悪くなったようで

ぶるぶる震え出した。

 

先生やAが、

どうしたのか聞いたところ、

 

窓の側の木に

人が立っているという。

 

だが、そこを見ても

誰もいない。

 

Bは霊感が強く、

 

冗談を言っている風にも

見えなかったので、

 

カーテンを閉めた。

 

そこでお開きになり、

Aは風呂に入り、

 

Bともう一人の女の子は、

部屋で寝ることにした。

 

先生はリビングで寝る事になり、

 

布団を敷いて気分を紛らわせるために

オーディオをつけた。

 

そのオーディオは、

音量の調節がダイヤル式なのだが・・・。

 

電源を入れた瞬間に、

 

先生の目の前で勝手にダイヤルが

グイーンと回り、

 

最大音量になった。

 

先生は訳が分からず、

唖然としていた。

 

その音で、全員が

リビングに集まって来た。

 

Aが慌てて音量を下げ、

 

「お前、音上げすぎだよ、

時間考えろよ」

 

と言った。

 

「いや、俺は何もしてないのに、

このダイヤルが回ったんだ」

 

先生は必至に弁解するが、

誰も信じない。

 

と、その瞬間、

 

再びダイヤルが

勝手に回り始めた。

 

全員驚いたが、

 

もう酔いに任せて、

さっさと寝ることにした。

 

だがその時、

 

Bがオーディオを指差し、

こう言った。

 

「コンセントが抜けてるよ・・・」

 

さらに次の瞬間、

 

窓を閉めているのに、

カーテンがゆらゆら揺れ出した。

 

霊感の強いB以外の三人は

もう口もきけず、

 

ガタガタ震えていたらしい。

 

Bはリビングの中央に立ち、

 

「今、部屋に入って来てるから、

じっとしていて」

 

と言った。

 

三人は言われた通り

動かずにいたのだが、

 

その時、先生は見た。

 

リビングの窓の反対側、

廊下があり、その先に玄関がある。

 

その玄関のドアのノブが自然に回り、

ドアが開き、そのまま閉まったらしい。

 

そして、Bが言った。

 

「今、出て行ったよ・・・」

 

(終)

スポンサーリンク

コメントを残す


↓↓気が向けば下のアイコンを応援(タップorクリック)していってください♪
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 心霊・怪談へ (ブログランキングに参加しています)
サブコンテンツ

月別の投稿表示

カレンダー

2017年12月
« 11月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  
特定のキーワードからサイト内の記事を検索するには、すぐ下の「検索窓」からキーワードを直接入力してご利用ください。
アクセスランキング

このページの先頭へ