友人の家に泊まることになったのだが

住宅街

 

これは、高校時代に経験した話です。

 

当時の俺は、決まって週末は夜通しで友人と遊んでいました。

 

ある週末、当然その日も友人の伊藤(仮名)と夜通しで遊んでいたのですが、凄い大雨が降ってきたので、別の友人の佐藤(仮名)の家に泊まることになりました。

スポンサーリンク

夜中に来てごめんなさい

佐藤の家は二世帯住宅で、おばあちゃんがいました。

 

夜中の2時だったので「おばあちゃんの家の方がいい」という事になり、電気も点けずに佐藤に指示された玄関から入って暗闇を奥に進みました。

 

「呼びに来るから今はここで待ってて」

 

そう言われた場所に、俺と伊藤はしゃがんで座っていました。

 

佐藤のおばあちゃんの家の方に上がるのは、これが初めてでした。

 

本当に真っ暗で何がどこなのか分からず、小声で伊藤と適当に話しながら佐藤を待っていました。

 

そして、暗闇に慣れてきた頃でした。

 

「40分は経ったよね。あっ、見て、遺影がある。佐藤のおじいちゃん初めて見た」

 

「本当だ。厳格そうなおじいちゃんだね」

 

「確か2年前に亡くなったんだって。って言うか、遺影の位置が低すぎない?遺影ってもっと上にあるもんだと思った」

 

「確かに低い。低すぎるよね」

 

伊藤と話していたら、佐藤が戻って来ました。

 

「ごめんね。もう少し待ってね」

 

どうやら、佐藤のお父さんが起きているらしい。

 

佐藤のお父さんは、怒ると凄く怖かった覚えがあります。

 

夜中に勝手に来たのは俺達だし、何せ外は雨、ここに居られるだけありがたかった。

 

再び暗闇の中、小声で伊藤とくだらない話をして笑っていた時、伊藤の腕が何かに当たりました。

 

「この固いの何?」

 

「お米じゃない?ほら、米って書いてあるじゃん」

 

「お米かぁ。何だぁ~」

 

その瞬間、俺と伊藤は同時に暗闇の中を見渡しました。

 

目を凝らして見えてきたのは、野菜や食器棚、それにテーブル・・・。

 

「・・・・・・」

 

「ここ台所?」

 

「そうだね」

 

その時、俺と伊藤の考えている事は同じでした。

 

“台所に遺影があるわけない!”と思った瞬間、俺も伊藤も同時にさっき見た遺影に目をやりました。

 

遺影が無い・・・。

 

「えっ?!なくない?」

 

「・・・。出よっか?」

 

俺達は恐怖を押さえつつ、焦るように台所から出たすぐの所にしゃがみました。

 

そこで待つこと20分、やっと佐藤が来ました。

 

「本当ごめん。今平気だからこっち来て!」

 

行った部屋は、おじいちゃんとおばあちゃんの居間。

 

そこには、さっき台所で見た遺影と仏壇がありました。

 

高い位置に飾られた、優しそうなおじいちゃんの遺影・・・。

 

佐藤が飲み物を取りに部屋から出て行った後、俺と伊藤は仏壇に手を合わせました。

 

俺は心の中で、「夜中に来てごめんなさい」と謝りました。

 

何故なら、台所で見た遺影のおじいちゃんは明らかに厳しい表情で、居間にあった遺影とは別人に見えたからです

 

(終)

スポンサーリンク

あなたにオススメの記事


コメントを残す

スポンサーリンク
サブコンテンツ

月別の投稿表示

カレンダー

2018年6月
« 5月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
特定のキーワードからサイト内の記事を検索するには、すぐ下の「検索窓」からキーワードを直接入力してご利用ください。
アクセスランキング

このページの先頭へ