火事が起きている家の2階に

2年前の夏、

大学からの帰りでの話。

 

駅から自転車で

自宅に向かっている途中、

 

遠くで黒い煙が

立っているのが見えた。

 

「火事かな?ちょっと行ってみるか」

 

と、野次馬根性丸出しで

現場に行くと、

 

かなり火が燃え上がっていた。

 

まだ消防車は到着していないようで、

 

その家の人らしき夫婦と

近所の人たちが、

 

呆然とその様子を眺めていた。

 

ふと2階に目をやると、

窓際に少女がいる。

 

何か叫んでいるように見えるが、

声は聞こえない。

 

恐怖で声が出ないんだろう。

 

「取り残されてる!やばい!」

 

と思い、

夫婦に声を掛けた。

 

「何やってるんだ!

早く助けないと!」

 

しかし、夫婦はただ呆然と

少女を見つめていた。

 

普段から特に正義感が

高いわけではないが、

 

この時は「俺が助けないと」

と思った。

 

周りの人間に、

 

「バケツに水を汲んで下さい!

それから濡らした手拭も!」

 

と叫ぶと、

 

近所の人が「何をする気だ!?」

と言った。

 

「何するって、

助けに行くに決まってるだろ!

 

あんたら、なんで見てるだけで

何もしないんだ!」

 

と俺が言うと、

 

その親父が何ともいえない

表情で言った。

 

「違うんだ・・・違うんだよ・・・」

 

火事のためか、

かなり混乱しているようだった。

 

「違うって何だよ!」

 

と、俺が言おうとした時、

その親父が続けて言った。

 

「そのご夫婦に子供なんて

いないんだよ・・・」

 

「・・・え?」

 

何を言ってるのか、

最初は全く理解できなかった。

 

先程は焦っていて

気づかなかったが、

 

改めて少女を見ると、

違和感に気づいた。

 

少女は怖がっていない。

熱がっている様子もない。

 

無表情で、大きく口を

パクパクさせている。

 

数秒間、

少女を見ていると、

 

何を言っているのか、

ようやく分かった。

 

同じ言葉をずっと

繰り返していたのだ。

 

「燃えろ、燃えろ、燃えろ、

燃えろ、燃えろ、燃えろ・・・」

 

消防車が到着するまでの間、

 

俺は夫婦や他の通行人と同じように、

ただ呆然と眺めているしかなかった。

 

この火事での死傷者はゼロ。

 

出火元の家は全焼し、

両隣の家は半焼だった。

 

(終)

スポンサーリンク

コメントを残す


↓↓気が向けば応援していってください(*´∀人)♪
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 心霊・怪談へ (ブログランキングに参加しています)
サブコンテンツ

月別の投稿表示

カレンダー

2017年11月
« 10月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
特定のキーワードからサイト内の記事を検索するには、すぐ下の「検索窓」からキーワードを直接入力してご利用ください。
アクセスランキング

このページの先頭へ