肝試しに来る人たちへの悪戯が

俺が高校生の頃

住んでいた所に、

 

わりと有名な

心霊スポットがあった。

 

土日とかは人が集まって

肝試しとかして、

 

えらい近所迷惑だった。

 

その心霊スポットは、

狭い洋館風の廃屋で、

 

昔に一家惨殺事件が起きたとか。

 

2階の一番奥にある

書斎に行くと、

 

髪を振り乱した子供に

追いかけられるとか噂されていた。

 

実際はただの廃屋で、

事件とかは起きてなかったのだけど。

 

窓とか入り口とかは壊されまくって

落書きとかもされて、

 

滅茶苦茶に荒らされていた。

 

そんな夏休みの時。

 

暇だった俺は友達数人と、

ある作戦を実行した。

 

夕方くらいに食料とか持って

廃屋の例の書斎に行って、

 

夜肝試しに来る人たちを

待ち伏せして、

 

タイミング良く

脅かしたりする作戦だ。

 

上手くいけば、

 

本当に幽霊が出るとか

呪われるとか噂されて、

 

あんまり人が来なくなるんじゃないか、

って思ったんだ。

 

今思うと、そんな噂が立てば、

ますます人来るだろって感じだけど・・・。

 

で、友達3人と5時過ぎに

書斎へ向かった。

 

俺は腕を青く塗って、

 

真っ暗な中、肝試しに来た人の

足首を掴んで驚かす役。

 

あとの友達は、すすり泣くような

声を出したり・・・と。

 

7時くらいになったら段々と

空も暗くなってきて、

 

肝試しにやって来た集団を

窓から確認した。

 

タイミング良く驚かしたら、

 

そいつらは凄い悲鳴を上げて

逃げて行った。

 

俺らは嬉しくなって、

その後も驚かしまくった。

 

本当は明け方まで

居続けるつもりだった。

 

だけど、少し薄気味悪いとか、

テレビ見たいとか意見が出て、

 

9時30分頃でラストにしよう、

って事になった。

 

それでも随分な数の

集団を驚かしたし、

 

俺たちは満足だった。

 

9時を回った頃、

廊下の方から足音が聞こえた。

 

よしよし、また来たぞ、

 

って友達に合図をして、

驚かす準備をした。

 

でも、おかしい・・・。

 

廊下はボロいながらも

絨毯が敷き詰めてあって、

 

足音はあまりしないはずだ。

 

古くなってるから「ギシィ」という

音はするのだけど、

 

「カツーン、カツーン」なんて音が

するわけがない。

 

ハイヒールで無機質な床を

歩いてるような、

 

そんな音。

 

足音は段々と近づいて来る。

 

そして、書斎のドアを開けた。

 

でも、懐中電灯の光が

部屋を照らすことなく、

 

部屋には静寂が籠もったままだ。

 

電気無しでこの部屋まで

辿り着くなんて、

 

絶対無理だ。

 

俺たちは息を殺して、

部屋の様子を探った。

 

ドアには誰かが

立っているような気もするが、

 

暗くて見えない。

 

怖い・・・。

 

もしかしたら人間じゃないかも知れない、

と思ったその時!

 

「パパ?」

 

小さな子供の声がした。

 

でもそれは、

俺の後ろから聞こえたんだ・・・。

 

(終)

スポンサーリンク

コメントを残す


↓↓気が向けば応援していってください(*´∀人)♪
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 心霊・怪談へ (ブログランキングに参加しています)
サブコンテンツ

月別の投稿表示

カレンダー

2017年11月
« 10月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
特定のキーワードからサイト内の記事を検索するには、すぐ下の「検索窓」からキーワードを直接入力してご利用ください。
アクセスランキング

このページの先頭へ