秋葉原の怪人

初めて秋葉原に行った時の話。

 

俺は中1で友達と2人で秋葉原に行った。

とにかく楽しかった。

 

気づくと夕方になってて、

全く人影の無い道に出ていたんだ。

 

なんだか不気味な雰囲気で嫌だった。

 

ふと後ろを向くと、

全身真っ黒なんだけど顔だけ真っ白な奴がいた。

 

だいぶ後ろにいたから、あんまり見えてなかったけど

不気味で友達と早歩きしたんだ。

 

いくら歩いても人影は出てこない。

また後ろを向くと、さっきよりアイツが近づいて来てた。

 

真っ黒にハットのような帽子、

下向いててあんまりわからなかったけど、

顔が真っ白で、口だけ赤い。

 

怖くなって走った。

それで道を曲がった。

 

とにかく、あの付近から離れたかった。

 

さらに、また道を曲がったら、

アイツが目の前にいた。

 

真っ白の顔が、

赤い口でニヤリと笑った。

 

ひたすら走ってるうちに戻ったけど、

あれから秋葉原が少し怖くなった。

 

(終)

スポンサーリンク

コメントを残す


↓↓気が向けば下のアイコンを応援(タップorクリック)していってください♪
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 心霊・怪談へ (ブログランキングに参加しています)
サブコンテンツ

月別の投稿表示

カレンダー

2018年2月
« 1月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728  
特定のキーワードからサイト内の記事を検索するには、すぐ下の「検索窓」からキーワードを直接入力してご利用ください。

ピックアップ③

アクセスランキング

このページの先頭へ