亡くなったおばさんのお通夜の前に

当時、

夜の仕事をしていた俺は、

 

いつものように昼過ぎに起きて、

下の階に降りました。

 

すると、

 

両親が喪服を着て、

いそいそと準備をしていたので、

 

「誰か死んだの?」

 

と聞くと、

 

「○○のおばさんが亡くなったのよ」

 

と聞かされました。

 

この人は父の姉にあたり、

 

そう言えば、以前から

入院してた記憶があった。

 

小さい頃は、よく

 

このおばさんの家に泊まって

遊んでもらったもので、

 

俺たち兄弟は皆、

この人が好きです。

 

なので、俺は

 

「生きている間に何かして

あげれば良かったな」

 

とか、少し感傷に

浸ってしまいました。

 

それから俺は、どうしても

仕事を休めないので、

 

仕事に行く準備をして

ご飯を食べているところに、

 

弟が帰って来ました。

 

「あれ?どっか行くの?」

 

「うん、△△(弟)もお通夜行くから

準備しておいで」

 

「お通夜?

 

ああ、それでか~。

 

さっき、エレベーターホールで

○○のおばさんに会ったんや」

 

父・母・俺「!?」

 

「どうしたん?

 

○○のおばさんも一緒に

行けばいいのにな」

 

当然、両親は強ばった顔で

言葉を失っていました。

 

「・・・で、何か喋った?」

 

「いんや、俺を見ながら笑ったまま

エレベーターに乗っていったで」

 

「・・そ、そうか・・・」

 

「あ、そうそう、

 

俺が喋りかけても

笑ってるだけやから、

 

何か怖いもんがあったけど、

 

誰か死んだからやな」

 

父・母・俺「・・・(冷汗)

 

「それで、誰のお通夜に行くの?」

 

誰もその弟の問いに

答えることが出来ずにいると、

 

意を決して

父が説明しました。

 

最初は弟も信じず、

 

しかし嘘じゃないことが分かると、

黙り込んでしまいました。

 

(終)

スポンサーリンク

コメントを残す


↓↓気が向けば応援していってください(*´∀人)♪
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 心霊・怪談へ (ブログランキングに参加しています)
サブコンテンツ

月別の投稿表示

カレンダー

2017年11月
« 10月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
特定のキーワードからサイト内の記事を検索するには、すぐ下の「検索窓」からキーワードを直接入力してご利用ください。
アクセスランキング

このページの先頭へ