襖の向こう側から聞こえる音

今から二十年も前のある日。

 

両親が共働きだった彼は、

 

学校から帰ると

一人居間でテレビを見ていた。

 

しばらくすると、

 

玄関の引き戸が

開く音がするので、

 

母親が帰って来たと思った。

 

彼は驚かせてやろうと、

 

居間の入口の引違い襖の

傍にしゃがみ、

 

足音がよく聞こえるようにと、

 

襖に耳を押し付けて

待ち構えた。

 

足音は玄関を上がり、

 

板敷きの廊下を

居間に向かって近づいて来て、

 

彼が身を潜める

襖の前に来た。

 

しかし、その足音は

入口まで来たものの、

 

襖を開けようとしない。

 

おかしいと思った彼は

外の様子を伺おうと、

 

より一層強く、

襖に耳を押し付けた。

 

すると、

 

・・・ガリ

・・・ガリ

・・・ガリ

 

廊下の向こう側から、ゆっくりと

爪で襖を引っ掻く音がする。

 

驚いた彼は、

しばらくその場で硬直した。

 

が、意を決して

襖を開けると、

 

もの凄い勢いで廊下を

玄関に向かって走る、

 

ハイヒールの音だけが

したそうだ。

 

その後、

彼は自宅で幾度となく、

 

女の幽霊に

悩まされることになる。

 

作り込み一切無しの

本当の話。

 

(終)

スポンサーリンク

コメントを残す


↓↓気が向けば下のアイコンを応援(タップorクリック)していってください♪
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 心霊・怪談へ (ブログランキングに参加しています)
サブコンテンツ

月別の投稿表示

カレンダー

2017年12月
« 11月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  
特定のキーワードからサイト内の記事を検索するには、すぐ下の「検索窓」からキーワードを直接入力してご利用ください。
アクセスランキング

このページの先頭へ