肝試し中に亡くなったパパに会った

墓地

 

その日、子供会の肝試しがAの寺であって、青年団の俺とAは手伝いに参加した。

 

俺は明美さんとオバケ役。

 

明美さんは優太君の母親で、旦那さんを交通事故で亡くしている。

 

明美さんは白装束で口から血を垂らすメイクをしていて、本人もノリノリで少し着物をはだけさせ、「この方が雰囲気出る~」と言っている。

 

20代後半だが美人さんなので、その姿が非常にエロく感じて俺もAも鼻の下が伸びまくる。

 

蚊取り線香と懐中電灯を持ち、明美さんと配置につく。

 

Aが子供達に怖い話をして、いよいよ肝試しがスタート。

 

遠くでノリノリの明美さんが驚かす度に、泣き叫ぶ子供達の声が聞こえる。

 

最後の組が終わると同時に明美さんが俺の居る場所に来た。

 

明美「優太、泣いてなかった?」

 

そういえば、優太君が来ていない事に気付き、青くなる俺。

 

「来てない・・・」

 

明美「え?!だって、私の所は通ったよ?」

 

慌てて逆戻りしたが優太君はいない。

 

ダッシュでコースを全て捜すが、やっぱりいない。

 

半泣きの明美さん。

 

だが寺に戻ると、Aが優太君を抱きかかえていたのでホッと一安心。

 

明美さんは泣きながら優太君に話を訊く。

 

優太「ママの所を過ぎたらパパが居てお話してたの」

 

Aいわく、「本堂の裏で話し声がしたので行ってみたら優太が寝ていた」ということらしい。

 

明美「優太、パパ何か言ってた?」

 

優太「うん、ママのこと頼むよって言ってた」

 

この言葉で明美さんは号泣した。

 

「お盆だしね。優太がいい子にしてるかなって会いに来たのかもね」

 

優太「違うよ。パパこれから復讐に行くって言ってたよ」

 

その場が凍りつく。

 

半月後に聞いた話では、旦那さんを死に追いやった交通事故の加害者の会社が、滞っていた慰謝料を全額振込んできたそうだ。

 

心から御冥福を祈ります。

 

(終)

スポンサーリンク

あなたにオススメの記事


コメントを残す

スポンサーリンク
サブコンテンツ

月別の投稿表示

カレンダー

2018年7月
« 6月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  
特定のキーワードからサイト内の記事を検索するには、すぐ下の「検索窓」からキーワードを直接入力してご利用ください。
アクセスランキング

このページの先頭へ