ある夏、広島で一泊した時のこと

添乗員時代の話である。

 

ある夏、

修学旅行の添乗で、

 

広島市内のホテルに

泊まった時のこと。

 

真夜中、

 

たまらない喉の乾きに

目を覚まし、

 

寝ている同僚の脇を通り抜け、

洗面所へと向かった。

 

洗面所の蛇口を勢いよく開き、

水を飲む。

 

しかし、

一向に喉の乾きは癒えず、

 

ますます喉の乾きは

酷くなってゆく。

 

「変だな・・・。これじゃ、

水っ腹になっちまう」

 

私は、これ以上

水を飲むのをやめ、

 

布団へと戻ることにした。

 

部屋の空調の調子で、

こういった事はたまにある。

 

案の定、

 

エアコンからは勢い良く

風が吹き出している。

 

『明日にでもホテルの担当者に

忠告でもしよう』

 

布団に潜り込んだ私は、

 

身震いしながら

大きなクシャミをひとつした。

 

『いや、違う・・・。

 

この部屋はエアコンのせいで

寒いくらいだ。

 

暑さで喉が乾くはずはない・・・』

 

突然、窓の外が

明るく光り出した。

 

光は次第に強くなり、

部屋の中を照らし出した。

 

私は、あまりの眩しさに、

思わず目を閉じた。

 

数秒後、

私が再び目を開けた時は、

 

部屋は再び

闇に包まれていた。

 

ここは、ホテルの8階。

 

一体、何の光が

この部屋を照らしたのだろう・・・。

 

ふと見た腕時計の日付は、

8月6日になっていた。

 

(終)

スポンサーリンク

コメントを残す


気が向けば一押し応援していってください(*´∀人)♪
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 心霊・怪談へ ←ブログランキング参加中
サブコンテンツ

月別の投稿表示

カレンダー

2017年9月
« 8月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
特定のキーワードからサイト内の記事を検索するには、すぐ下の「検索窓」からキーワードを直接入力してご利用ください。
アクセスランキング

このページの先頭へ