友達の部屋のベッドで昼寝をしていたら

4年前の夏、

 

当時学生だった私は

夏休みになったので、

 

近所に住むYの家に、

よく遊びに行っていました。

 

このYが、結構な

心霊体験者で、

 

いつものように体験談などを

話してくれ、

 

それまで全く霊を視た事も

感じた事もない私を、

 

ドキドキさせてくれていました。

 

その日は、

 

前日の飲み過ぎもあって、

いつの間にかウトウト・・・

 

Yのベッドで

寝かせてもらう事にし、

 

暫し、お昼寝。

 

しばらくすると、

 

いきなり何かに

首を掴まれ、

 

ドン!と、ソファーに

投げ飛ばされ・・・

 

「何?ナニ?!」

 

となっていると、

 

首を掴まれたままの

私の耳元で、

 

『ねぇ!アソンデヨ!』

 

と妙に甲高い、

子供の声がしました。

 

異様に眠かった私は、

 

「え?!無理無理~」

 

『アソンデヨ~!アソンデヨ~!』

 

「イヤ!無理無理」

 

『アソンデヨ!』

 

と、繰り返し

せがまれましたが、

 

眠気に勝てずに

再びソファーへ。

 

「えっ?!私ベッドで

寝てたよな?!」

 

慌てて飛び起きると、

そこはベッドの上。

 

「なんだぁ~夢かぁ~」

 

と、再び寝ようとした

私を見て、

 

Yが叫び声をあげた。

 

その声に逆に

びっくりする私。

 

Yは震えながら、

 

「鏡、見て・・・」

 

なんだ?

なんだ?

 

と思いながら

鏡を見ると、

 

私の首には

 

小さい子供の手で

絞められたような

 

跡がクッキリ・・・。

 

怖くなった私はYに、

 

さっきの子供の話を

しました。

 

青くなりながら

Yが一言。

 

「実は今日、

 

子供をおろした日

なんだよね・・・」

 

とポツリ。

 

じゃあ、

あの声は・・・

 

(終)

スポンサーリンク

コメントを残す


↓↓気が向けば応援していってください(*´∀人)♪
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 心霊・怪談へ (ブログランキングに参加しています)
サブコンテンツ

月別の投稿表示

カレンダー

2017年11月
« 10月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
特定のキーワードからサイト内の記事を検索するには、すぐ下の「検索窓」からキーワードを直接入力してご利用ください。
アクセスランキング

このページの先頭へ