幽霊探し

3日前にあった事。

 

そろそろ暑いからと、友達4人でふざけて

ジャンケンで負けたら一人で心霊スポットに行って

幽霊探してくる。っていうのしてたんだけど・・・、

 

友人Aが負けて「くそー」とか言いながら

心霊スポットに行ったんだ。

 

それで心霊スポットに着いた友人Aが、

電話かけてきて「別に何もないけど」

っていうか暗くて何も見えない。

逆に変な奴に襲われそうで怖い。

 

そんなたわいもない話しをしてたんだけど、

明らかに友人Aの後ろがうるさいんだよね。

 

相手に聞いて見ても「何も無い静かだ」

って言うし・・・。

 

それで、そいつが携帯を切る瞬間、

キーンっていう音がしたんだけど、

電話してた俺以外の奴にも聞こえてて、

何の音だったんだろって話してたんだ。

 

まぁ、少しの時間だったし気にしなかった。

 

それからしばらくしてチャイムがなり、

心霊スポットに行った友人Aが帰ってきたから、

玄関まで迎えに行こうとすると突然停電してしまった。

 

みんなは「うわっ」とか「押すな」って

とか言ってた。

 

なんかふざけてるのかなって思ってた。

 

それで、玄関に行ってチェーンを外そうとしたら、

玄関が突然ドーンって蹴られた様な音がして

不審に思ったんだ。

 

穴から覗いて見ると友人Aが立ってるんだけど、

なんかおかしいんだよね。

 

暗い顔してずっとうつむいてる。

 

そしたら、また扉がドーンって音がしたんだけど、

友人Aは一歩も動いてなかった。

 

それで、友人Aがゆっくり顔を上げたんだけど

顔が真っ黒で目が異様に赤く見えた。

 

これはヤバイと思って、

友人Aに電話したんだ。

 

そしたら、何コールか後に

「何?今バイク乗ってんだけど」

って帰ってきた。

 

そういえば、玄関の前に居るのに

着信音も何も聞こえなかった。

 

友人Aに早く帰って来てと頼んで

電話を切った。

 

それで怖くなってもう一度覗いて見ると、

相手もこっちを凄い形相で見てたんだ。

 

その後、連続でドーンドーンって蹴るような音がして、

後ろの友人達はずっともめてるみたいだった。

 

携帯で照らしてる程度で

何してるかわからなかった。

 

しばらくすると音が止んで

電気も点いた。

 

後ろを振り返ると友人4人が

バラバラの位置でしゃがんでた。

 

それと同じくらいにバイクの音がして、

ドアの前まで歩いてくる音が聞こえ、

「おーい」って声が聞こえたので覗くと

そこには友人Aがいた。

 

今度はなんの疑いも無くチェーンを外して

ドアを開けたんだけど、

その友人Aの向こうに、

目を真っ赤にして凄い形相で

こっちを見てる奴がいた。

 

友人Aを中に入れてすぐに鍵を閉めて

チェーンをかけた。

 

友人Aは、わけがわからない様子で

奥の部屋に行き、腰を降ろした。

 

俺は部屋に戻って皆を見渡すと

友人が4人いた。

 

さっき見回したときも

確かに友人が4人いた。

 

その事で怖くなり、

後ろで何を叫んでたか聞くと、

誰かに押されたりひっぱられたりしたそうで、

だけど誰もしてないと言ってた。

 

友人Aは「何も無かった。普通のトンネルだったよ」

と言った。

 

その瞬間、友人Bが「うわあああああ」って叫んで

窓に向かって指を指したからそっちを見ると、

さっきの目が真っ赤で黒い顔の奴が

ジーッとこっちを見てた。

 

全員叫んだ後、

その後の記憶は無い。

 

次の日、

起きたら一人ずつ帰って行った。

 

B、C、D、Eと

順番に一人ずつ。

 

そして最後に「俺も帰るわ」と、

友人Aも玄関を開けて帰って行ったんですが、

友人Aが開けた扉の先に、

目を真っ赤にした黒い顔の奴が立っていて

ニヤッっと笑ってた。

 

友人Aには何も言えなかったけど、

今でも友人Aには連絡取れるから

何も無いんだろう・・・。

 

もう二度と、

こういう事はしないでおきます。

 

後、場所は怖いので書きませんが、

大阪の奈良よりの場所とだけ言っておきます。

 

(終)

スポンサーリンク

あなたにオススメの記事


コメントを残す

スポンサーリンク
サブコンテンツ

月別の投稿表示

カレンダー

2018年10月
« 9月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  
特定のキーワードからサイト内の記事を検索するには、すぐ下の「検索窓」からキーワードを直接入力してご利用ください。
アクセスランキング

このページの先頭へ