病院での仕事を終えた帰り道にて

田んぼ

 

数年前、

 

栃木県の地方の病院に

勤めていた時のことです。

 

その日は仕事で遅くなり、

 

病院を出たのは夜10時を

過ぎていました。

 

家は病院の職員住宅で、

 

病院とは300メートルほど

離れたところにあり、

 

その日は歩いての帰宅になりました。

 

途中、

かなり広い道路なのですが、

 

夜9時を過ぎると街灯が消されてしまい、

足下も暗くなってしまいます。

 

道路の周りは田んぼで、

 

ちょうど田植えが終わった時期でもあり、

水田になっていました。

 

私は帰宅を急ぎ、

やや早足で歩いていました。

 

ふと、5メートルほど先を見ると、

 

白い服を着たおじいさんが杖を突きながら、

ゆっくりと歩いてるのに気がつきました。

 

おじいさんとの間隔は、

どんどん詰まって来ます。

 

すぐに追い付きそうな距離になりました。

 

が、それにしてもおかしい・・・

と思いました。

 

街灯が消えているといっても

薄明かりぐらいあるし、

 

人が居たのなら最初から

気付いているはずなんです。

 

道の脇の田んぼには、

人が隠れられる所は無いですし・・・

 

そう考えたら、

背筋に寒気が走りました。

 

まあ、暗がりの中を

一人で歩いているのですから、

 

最初から怖いなぁとは

思っているわけなんですけど。

 

意表をつかれたこともあり、

 

もしかしたらこの人は、

この世のモノではないのかも知れない・・・

 

そんな感じがして、

ドキドキしながらも遂に追い付きました。

 

追い抜く時、

その人に並びました。

 

背の低い、

腰の曲がったおじいさんでしたが、

 

人間の存在感というか、

息遣いを感じることは出来ました。

 

抜き去る間のほんの一瞬でしたが。

 

あぁ良かった、

やっぱりこの世の人だ。

 

普通の人だと確認し、

一先ず安心出来ました。

 

そして、

 

自分とその人との距離は

どんどん開いていきました。

 

が、また背筋がゾワッと

凍りついたんです。

 

あれ?足音が聞こえない、

おかしいぞ・・・と。

 

そう思うや否や、

 

怖いもの見たさで

反射的に振り向きました。

 

すると、

誰もそこには居ませんでした。

 

もちろん、

人が隠れられる様な場所ではありません。

 

消えてしまったとしか思えません。

 

やっぱり、

第一印象の通りだった。

 

この世の人ではなかったのだと思います。

 

でも、追い抜く時には、

人間の存在感をはっきりと感じたのです。

 

それは人の気配というよりも、

もっと強く、

 

息遣いや体温といった、

 

はっきりと実体を持ったものとして

感じられたのですが・・・

 

不思議な体験でした。

 

(終)

スポンサーリンク

コメントを残す


↓↓気が向けば下のアイコンを応援(タップorクリック)していってください♪
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 心霊・怪談へ (ブログランキングに参加しています)
サブコンテンツ

月別の投稿表示

カレンダー

2017年12月
« 11月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  
特定のキーワードからサイト内の記事を検索するには、すぐ下の「検索窓」からキーワードを直接入力してご利用ください。
アクセスランキング

このページの先頭へ