深い森の禁断のイチジク

イチジク

 

男は深い森を歩いている・・・

 

突然、

 

少女が現れ、

男に言う。

 

「イチジクを食べてはダメ。

森から出られなくなる」

 

少女には片足が無い。

 

男は眩暈を覚える。

 

男は深い森を歩いている・・・

 

突然、

 

みすぼらしい老婆が現れ、

男に言う。

 

「イチジクを取ってはいけない。

森から出られなくなる」

 

みすぼらしい老婆には片腕が無い。

 

男は眩暈を覚える。

 

男は深い森を歩いている・・・

 

突然、

 

上半身裸の女が現れ、

男に言う。

 

「イチジクを見てはいけない。

森から出られなくなる」

 

上半身裸の女には両目が無い。

 

男は眩暈を覚える。

 

男は深い森を歩いている・・・

 

突然、

男は気付く。

 

「そうか、俺はこの森で・・・」

 

もう二度と眩暈に襲われる事は無い。

 

次の日、

男は森の奥で死体で発見される。

 

男の死体にはが無かった。

 

(終)

解説

「そうか、俺はこの森で・・・」の続きは、

『イチジクを見て、取って、食べた』

 

すでに男は全ての行動をしていた。

 

もう二度と眩暈に襲われる事が無いのは、

両目を失ったから。

 

男の死体には舌が無かったが、

実は両目と片腕と片足も無かった。

スポンサーリンク

コメントを残す


気が向けば一押し応援していってください(*´∀人)♪
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 心霊・怪談へ ←ブログランキング参加中
サブコンテンツ

月別の投稿表示

カレンダー

2017年9月
« 8月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
特定のキーワードからサイト内の記事を検索するには、すぐ下の「検索窓」からキーワードを直接入力してご利用ください。
アクセスランキング

このページの先頭へ