年を越す時に自分の姿を見てはならない

テレビ

 

私の実家では、『年を越す時に自分の姿を見てはならない』という決まりがあります。

 

鏡はもちろん、水に映った姿や、塗りのお盆に自分の姿が映ったものでも見てはいけないらしいのです。

 

『見てはいけない』というのはよくある話なのですが、親いわく、『その映った姿は死ぬ時の姿なので見てはいけない』のだそうです。

 

だから我が家では、年越しそばは早い時間に食べて、0時になる前に眠ってしまうのが常でした。

スポンサーリンク

日付が変わるその直前に・・・

小さい頃はそれでもよかったのですが、大きくなるにつれ深夜まで見たいテレビがあったり、友達と二年参りに行ってみたかったりと誘惑は多くなっていきます。

 

ある年、どうしても年越しでテレビを見たかった私は、一人で23時過ぎまで起きていました。

 

親には0時までに寝るように言われていましたが、私は家の決まりなんて信じていなかったので大丈夫だと思っていました。

 

0時が近付く頃、私はテレビを見ながら携帯で時報を聞いていました。

 

そして、テレビの中でもカウントダウンが始まりました。

 

私は初めての夜更かしでドキドキしていました。

 

「23時59分40秒をお知らせします・・・23時59分50秒をお知らせします・・・」

 

携帯から聞こえる時報が50秒をお知らせしますと告げた時、リモコンに触っていないのに突然テレビがプツンと消えました。

 

その時、私は自分の姿が真っ黒になったテレビの画面に映ったのを見ました。

 

反射的に目を閉じると、時報が0時ちょうどを告げました。

 

0時を過ぎると、何事もなかったかのようにテレビがひとりでにつきました。

 

このような現象が、この時の一度きりだけなら偶然だったのかもしれません。

 

その次の年も、私はやはりテレビを見ていました。

 

そして日付が変わるその直前、またテレビがプツンと消えました。

 

0時を過ぎると、テレビはまたひとりでにつきました。

 

それ以降の年でも、年越し前後におかしなことが何度かありました。

 

二年参りに行った時の日付が変わる少し前に、私の前で車が急停車しました。

 

止まった車の窓に自分の姿が映った瞬間、私は目を閉じてその場から動けなくなりました。

 

他にも、急に部屋の窓のブラインドが上がり、明かりが窓に反射して映ったこともありました。

 

まるで何かが年を越す時に自分の姿を見せつけたいかのように、日付が変わる時間に起きていると何かしらのアクシデントが起こるのです。

 

寝てしまっていれば何も起きていないようでした。

 

そんな私も4年前に結婚して姓が変わって実家を出たのですが、相変わらず日付が変わる時まで起きていると、テレビが消えたり、マグカップが割れて水がこぼれたりしています。

 

『ガキの使い』が見られないのは寂しいので録画して後から見ていますが、それには何の異変もありません。

 

もし、年が変わる時に自分の姿を見たら何が起こるのか?

 

その映った姿が普段通りの今の自分だったら、私は次の年を迎えられないのかもしれません。

 

(終)

スポンサーリンク

あなたにオススメの記事


コメントを残す

スポンサーリンク
サブコンテンツ

月別の投稿表示

カレンダー

2018年11月
« 10月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930  
特定のキーワードからサイト内の記事を検索するには、すぐ下の「検索窓」からキーワードを直接入力してご利用ください。
アクセスランキング

このページの先頭へ