友人から届いていた怪奇なメール 1/2

姿見鏡

 

<着信>

200X年10月4日 9時56分

 

やあ、元気にしてた?

ごぶさた。

 

こっちはぼちぼちってところかな。

 

作品も少しずつだが

書き溜まってきているよ。

 

今日メールしたのは、

ちょっと相談したいことがあってね。

 

冗談だと思わないで読んでほしい。

 

実は昨日、

とても怪奇な発見をしたんだ。

 

鏡の中に。

 

鏡に映った僕の背後

約5メートル先に、

 

床に這いつくばる生物がいたんだよ。

 

尻尾がずんぐりした

1メートルくらいの体長なのに、

 

人間並みの大きな頭が付いている。

 

頭髪みたいな黒いたてがみ。

 

ぬめった暗色の表皮に、

濁った眼。

 

一見すると、

 

まさしく人面トカゲと呼びたくなるような

生き物だった。

 

もうそろそろ現実主義の君は、

僕が君を担ごうとしているか、

 

緩みがちだったネジがとうとう

落っこちたとでも思っているだろう。

 

でもこれは、

 

嘘でもなければ僕の妄想でもないと

断言する。

 

神様は信じてないから自分に誓うよ。

 

これは真実だ。

 

そもそも、

初めに気付いたのも、

 

図書館の自動ドアの前で他の客が

ぎょっと驚いたからなんだ。

 

つまり、

これは他人にも見える。

 

背後霊とか幽霊という

言葉を使わないのは、

 

あまりにもはっきりと

鏡に映っているから。

 

きっと、写真にもくっきり

写るんじゃないかな?

 

薄気味悪いけど、

あれが霊の類にはどうしても見えない。

 

今の推測では、

別次元の生物って感じ。

 

とにかく、こんな体験は

滅多に出来るもんじゃない。

 

下手にちょっかい出して

逃げられるのも嫌だから、

 

気付かない振りして、

もう少し観察してみるよ。

 

君はまだ信じていないだろうが、

意見だけは聞かせてほしい。

 

ではまた。

 

 - – – – – – – – – –

 

<着信>

200X年10月5日10時 8分

 

返信が来ないところをみると、

まだメールは見てないようだね。

 

あれから色々なことがわかったので、

情報を追加しておくよ。

 

写真を試してみたんだが、

何故か全く写らなかった。

 

デジカメも同様だった。

 

鏡を見ながらあいつに

近づいてみたんだが、

 

距離は縮まらなかった。

 

こっちの世界で見えないだけかと思って、

物に触れさせようとしたが駄目だった。

 

あいつが動く様子はなかったし、

 

鏡の向こうに映った障害物は、

奴の身体を難なくすり抜けていた。

 

それでいて、

あいつの視線は僕に注がれている。

 

もはや、

 

僕自身となんらかの関係があるのは

明らかだ。

 

正直、なんだかちょっと

怖くなってきていた。

 

初めは、

ただ人に似た顔だと思っていた。

 

だが、時が経つにつれ、

僕は確信した。

 

あいつには表情がある。

 

たまに僕を見てニヤリと、

薄気味悪く笑うんだ。

 

寒気が走る。

 

それに心なしか、

 

あいつとの距離が

狭まっているような・・・

 

気のまわしすぎだとは思う。

 

自分でもこんな気の弱い一面が

あったとはね。

 

もし、これを読んだなら、

すぐにでも連絡がほしい。

 

それじゃ。

 

 - – – – – – – – – –

 

<着信>

200X年10月6日 11時33分

 

まだ読んでないのか!

 

気のせいなんかじゃなかった。

 

奴は少しずつゆっくりと

近づいているんだ!

 

早く僕の家に来て、

 

これがただの妄想だと

笑い飛ばしてくれよ。

 

君の頭がちょっとおかしくなっただけ・・・

 

そう言ってくれるだけでもいいんだ。

 

奴は狡猾だ。

 

※狡猾(こうかつ)

ずる賢いこと。

 

知能がある。

 

こいつは人の反応が面白くて

堪らないんだ。

 

脅えて取り乱す人間を見て、

快感を感じている。

 

僕は、あいつの獲物・・・

なのかも知れない。

 

 - – – – – – – – – –

 

<着信>

200X年10月7日11時14分

 

もう4日目だぞ!

 

いい加減、

メールに気付いてもいい頃だ。

 

僕がどんな想いで過ごしているのか、

わからないのか!

 

まさか・・・

 

とうとう僕の身体を昇り始めたこいつが、

君に目を付けるのを恐れて?

 

それとも、

 

狂人には関わりたくないとでも

思っているのか?

 

もういい。

 

君がそんな奴だったとは思わなかった。

 

見損なったよ。

 

さよならだ。

 

(続く)友人から届いていた怪奇なメール 2/2

スポンサーリンク

コメントを残す


気が向けば一押し応援していってください(*´∀人)♪
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 心霊・怪談へ ←ブログランキング参加中
サブコンテンツ

月別の投稿表示

カレンダー

2017年9月
« 8月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
特定のキーワードからサイト内の記事を検索するには、すぐ下の「検索窓」からキーワードを直接入力してご利用ください。
アクセスランキング

このページの先頭へ