自殺した父の周辺に異変が続く

遺影

 

先月、

私の父が自殺で亡くなった。

 

理由は、

 

家族や親しい友人ですら

知らなかった多額の借金。

 

ただ、

 

うちの家は借金するほど

お金がないわけではない。

 

その多額の借金は、

 

なぜ・・・

何のため・・・

 

誰のために背負ったのかは

全て不明。

 

いまのところ

分かっていることは、

 

お人好しの父が

誰かに利用され、

 

多額の借金を背負って

しまったということ。

 

その人物に脅されたのか、

 

手に負えなくて

自殺を選んだのか、

 

保険金で借金を返そうと思い、

自殺したのか・・・

 

全く分からないことばかりだ。

 

遺書も何もない。

 

父の日常は、

中途半端に閉ざされていた。

 

父は、全ての真実を

抱え込んで死を・・・。

 

私の母は6年前に

病死している。

 

なので、

 

私の唯一の家族は、

姉と父方の祖父母のみ。

 

祖父母はショックのあまり、

 

それまで見られなかった

痴呆の症状が現れた。

 

姉は泣き続け、

 

私も父の遺体を見つけた時から、

人形のように茫然としていた。

 

「父ちゃん・・・どうして・・・」

 

父が自殺したということを、

 

家族や親戚、

皆その事実を分かりつつも、

 

せめてと思い

明るく振る舞うも、

 

父の遺影の前だと

そうぼそり呟いた。

 

火葬の前から、

 

父の周りには沢山の花や

供物が添えられていた。

 

添えられたものの数から、

 

父がどれだけ

周りの人から親しまれ、

 

愛されていたかが分かった。

 

家族や親戚はもちろんのこと、

 

友人や仕事仲間、

近所の人々・・・

 

周りの人が色々な思いを込めて、

父に添えた者たち。

 

しかし、

 

翌日には供えたものに

変化が起きていた。

 

まず、全ての花が

俯いてしまう。

 

花自体は枯れていないのだが、

 

茎の部分が一定の方向に曲がり、

全て俯いてしまうのだ。

 

次の日になると、

 

花の部分をハサミで

切ったかのように

 

床に落ちていたり、

 

花びらがあちこちに

散っていたり。

 

供えた果物も

翌日には傷み始め、

 

ロウソクは少し

目を離した隙に消え、

 

線香は時に炎をあげ燃え始めたり、

折れてしまっていたり。

 

父の遺影は、固定しても

いつの間にか倒れてしまう。

 

父は、私達に謝罪

しているのだろうか。

 

それとも・・・

 

全てを知っているのは

父のみだ。

 

(終)

スポンサーリンク

コメントを残す


気が向けば一押し応援していってください(*´∀人)♪
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 心霊・怪談へ ←ブログランキング参加中
サブコンテンツ

月別の投稿表示

カレンダー

2017年9月
« 8月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
特定のキーワードからサイト内の記事を検索するには、すぐ下の「検索窓」からキーワードを直接入力してご利用ください。
アクセスランキング

このページの先頭へ