マンションの階上宅を訪ねたところ

宅配ピザ

 

大学の友達から聞いた話。

 

自動車事故に遭って

むち打ち症になったAさんは、

 

仕事も出来なさそうなので

会社を一週間ほど休むことにした。

 

Aさんは結婚しているが、

 

奥さんは働いていて

昼間は一人だった。

 

最初の数日は気楽だったが、

 

さすがに3日目くらいになると

暇を持て余してきた。

 

それでも、

 

どこかへ出掛けるには

体がツライので、

 

家でじっとしていなければ

ならなかった。

 

そんなある日、

 

お昼も過ぎた頃にぼんやりと

テレビを見ていると、

 

上の階の部屋から

ドスンドスンと音がして、

 

子どものはしゃぐ声が

聞こえてきた。

 

学校が休みなのかと、

いぶかしく思ったけれど、

 

気にも留めなかった。

 

そして翌日も昼頃から

子どもの声が聞こえてきた。

 

どうやら、上の家には

子どもが二人いるようだ。

 

Aさんが住んでいるのは

大規模なマンション住宅地だが、

 

昼間は意外と

ひっそりとしており、

 

子どもたちの声は、

 

階下のAさんのところにも

よく聞こえた。

 

しかし、

うるさく感じることもなく、

 

むしろ、

 

退屈さと団地の気味の悪い

静けさを紛らしてくれるので、

 

ありがたかった。

 

そして翌日、

 

暇を持て余し、

昼食を作る気も失せたAさんは、

 

ピザを注文した。

 

30分ほどでやってきたピザは

思ったより量が多く、

 

Aさんは結局、

丸一枚残してしまった。

 

普通なら奥さんのために

取っておくのだが、

 

ふと、階上の子どもたち

のことを思い出し、

 

親切心も手伝って、

 

Aさんは上に持っていって

やることにした。

 

Aさんは自分の真上の部屋に

誰が住んでいるのか知らなかったが、

 

呼び鈴を押した。

 

気配を感じたが、

応答がない。

 

もう一度、呼び鈴を押した。

 

のぞき窓から見られて

いるような気がした。

 

微かに「どなたですか・・・」という声が、

ドアの向こうからした。

 

Aさんは、

階下の者であること、

 

ピザが余ったので

貰って欲しいことを話すと、

 

ドアが僅かに開いた。

 

家の中は、やけに暗かった。

 

5センチほどの隙間から、

女性が顔を半分のぞかせた。

 

女性は冷ややかに言った。

 

「ありがとうございます。

でも要りません」

 

薄暗くて顔の表情が

よく見えない。

 

Aさんは急に自分が場違いな所に

いるような気がしてきたが、

 

もう一度、訳を話し、

 

子どもたちにあげてくれるよう、

頼んだ。

 

ドアの隙間から生暖かい

空気が流れてきた。

 

嫌なニオイがする。

 

ふと、女性の顔の下に、

子どもの顔がふたつ並んだ。

 

ドアは、ほんの僅かに

開いたまま。

 

二人の子どものうつろな目が、

こっちをじっと見ている。

 

三人の顔が縦一列に

並んでいる。

 

「じゃあ・・・そうね・・・

いただくわ」

 

Aさんはドアの隙間に

ピザの箱を入れると、

 

スッと真横から手が伸びてきて、

受け取った。

 

三つの顔は、ドアの隙間から

Aさんを見つめている。

 

「ありがとう・・・」

 

微かな声が聞こえた。

 

Aさんは、そそくさと退散した。

 

気味が悪かった。

 

何かの違和感が、

頭の片隅にあった。

 

子どもの顔が脳裏に

焼きついている。

 

顔・・・

 

背中がゾクゾク震え出した。

 

顔・・・並んだ・・・

 

足早になる。

 

一刻も早く、

あの家から遠ざかりたかった。

 

エレベーターが来ない。

 

並んだ・・・縦に・・・

 

ボタンを何度も押すが、

一向に来る気配がない。

 

非常階段に向かう。

 

ひどく頭痛がした。

 

吐き気もする。

 

非常階段の重い扉を開ける時、

Aさんは背中に視線を感じた。

 

振り向くと、

 

10メートルほど向こうの

廊下の角に、

 

三人の顔があった。

 

ドアの隙間から見た時と

同じように、

 

顔を半分だけ出して、

 

うつろな目でこちらを

見つめている。

 

冷え冷えした真昼のマンション

の廊下に差し込む光は、

 

三人の顔をきれいに

照らし出した。

 

Aさんは首周りのギブスも構わず、

階段を駆け下りだした。

 

普段は健康のため、

 

エレベーターを使わず一気に

4階まで階段を駆け上がる

 

こともあるAさんだが、

 

地上までが途方もなく

長く感じられた。

 

縦に並んだ顔・・・

 

ありえない・・・

 

体が・・・無い・・・

 

そして、

 

顔の後ろにあった

奇妙なものは、

 

頭を支える手・・・。

 

その後Aさんは、

 

近くのコンビ二で

警察を呼んでもらった。

 

警察の大捜査によれば、

 

Aさんの階上の家では、

 

その家の母親と子どもの死体が

風呂釜の中から見つかった。

 

が、死体には首が無かった。

 

首はノコギリで切断されており、

死後3日ほど経っていた。

 

その日のうちに

夫が指名手配され、

 

やがて同じ建物内で隠れて

いるところを逮捕された。

 

母親と子どもの首も、

その男が一緒に持っていた。

 

男が発見されたのは、

彼自身の家ではなかった。

 

警官が血痕をたどって

いったところ、

 

彼がある場所に隠れているのを

見つけたのだった。

 

警察によると、

 

彼はAさんの家の押入れの中に

潜んでいたそうだ。

 

(終)

スポンサーリンク

コメントを残す


気が向けば一押し応援していってください(*´∀人)♪
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 心霊・怪談へ ←ブログランキング参加中
サブコンテンツ

月別の投稿表示

カレンダー

2017年9月
« 8月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
特定のキーワードからサイト内の記事を検索するには、すぐ下の「検索窓」からキーワードを直接入力してご利用ください。
アクセスランキング

このページの先頭へ