見られたくなかったあまり

ある夏の出来事である。

 

「見ちゃだめぇ!」

その一言からはじまった。

 

彼女と連絡が2週間も取れなくなり、

心配になった俺は、

彼女のマンションに様子を見に来たのだった。

 

鍵は開いていたから勝手に入った。

だって、呼びかけても返事がなかったから。

 

「ん・・・、なんか臭い・・・」

 

彼女は俺が家に入ってきたのが

なんとなくわかったのか・・・。

 

「見ちゃだめぇえ!こないで!」

 

リビングの方から声がする。

 

「たしか、このドアを開けると

リビング・・・だっけ?」

 

ひとつのドアを隔てて叫ぶ彼女。

いったい何があったんだ?

 

しかし、あまりにもデカイ声を出すので、

その日はリビングの様子を見ず、

「何かあるんなら電話しろよ」

と言い残して俺はマンションを後にした。

 

5日後。

 

まだ連絡は無い。

心配になって、またマンションを訪れた。

 

「・・・ん?鍵また開いてるぞ?」

少しドアを開けてみた。

 

「オェッ」

臭い。とてつもなく臭い。

 

「おい。〇〇(名前)!いるのか?」

返事がない。構わず入っていく。

 

リビングの方から臭う・・・。

「ま、まさか」

 

この前来たときは開けなかった

リビングのドアを開ける。

 

「!!!」

 

言葉が出なかった。

彼女はリビングで首を吊っていたのだ。

 

その後、警察が来た。

 

色々と警察に聞かれるが、

ふと警察が変なことを言う。

 

5日前来たときは、

ちゃんと返事がしたんです。

 

「え?おかしいですね・・・。

一ヶ月も前なんですよ。

検査報告書からして」

 

なにがですか?

 

「亡くなったのが・・・」

 

多分、彼女は

見られたくなかったのだと思います。

 

(終)

スポンサーリンク

あなたにオススメの記事


コメントを残す

スポンサーリンク
サブコンテンツ

月別の投稿表示

カレンダー

2018年9月
« 8月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30  
特定のキーワードからサイト内の記事を検索するには、すぐ下の「検索窓」からキーワードを直接入力してご利用ください。
アクセスランキング

このページの先頭へ