自分の名前を検索してみたら

検索

 

自分(女)の名前で、

ネット検索をかけてみた。

 

すると、十数件ほどの、

 

同姓同名の人たちが

検索に引っかかった。

 

研究者や会社の経営者など、

 

同じ名前でありながら、

全く別の生活をしている人たち。

 

その中に、

 

『○○○○(私の名前)のページ』

 

というホームページがあった。

 

それは、

プロフィールと掲示板しかない、

 

初心者が作った感じの、

よくある個人サイトだった。

 

プロフィールを見ると、

 

自分と同じ歳であり、

趣味なども良く似ている。

 

掲示板を見てみると、

常連っぽい人が5~6人いるらしく、

 

この手のサイトとしては、

まあまあ流行っている感じだった。

 

何となくお気に入りにして、

時々見るようにした。

 

しばらくすると、

コンテンツに日記が増えた。

 

他のサイトにもよくある、

内容の薄い日記だ。

 

今日は暑かったとか、

日本がサッカーで勝ったとか、

 

そんな感じのもの。

 

ある時の日記の内容が、

 

自分の生活とよく似ていることに

気が付いた。

 

初めに気付いたのは、

野球観戦に行った時だ。

 

その日、そのサイトの管理人も、

同じ球場に行ったらしい。

 

その時はもちろん、

偶然としか思わなかった。

 

球場には何万人もの人間が行くのだから。

 

次の日の日記は、

 

会社でミスをしたことについて

書いてあった。

 

私もその日、

会社でミスをして少々落ち込んでいた。

 

次の日も、

その次の日も、

 

よく見ると日記の内容は、

 

まるで自分の生活を

書かれているようだった。

 

大半は、カレーを食べたとか、

CDを買ったなど、

 

大した偶然ではない。

 

しかし、

 

それが何ヶ月も続くとなると、

気味が悪くなってきた。

 

ある日、掲示板を見ると、

 

常連たちが管理人の誕生日を

祝っていた。

 

なんとその日は、

私も誕生日だった。

 

それでいよいよ怖くなってきて、

 

初めて掲示板に書き込みを

することにした。

 

しかし、

書き込みをしようとしても、

 

名前や内容を書くところに

文字が打てない。

 

色々やってみるが、

 

書き込めないどころか、

文字すら打てない。

 

おかしいな・・・と思っていると、

あることに気付いた。

 

それは掲示板ではなく、

ただのページだった。

 

つまり、

 

一人の人間が掲示板っぽく

見せかけて作った、

 

一つのページだったのだ。

 

一体、何のためにこんなことを・・・

 

とても怖くなり、

管理人にメールを打った。

 

『初めまして。

 

私は貴方と同姓同名の人間で、

よくこのサイトを~』

 

のような、

当たり障りのないメールだ。

 

そして次の日、

 

そのページを見ると、

全て消されていた。

 

メールボックスには一通の未読。

 

『見つかった』

 

という返信があった。

 

(終)

スポンサーリンク

One Response to “自分の名前を検索してみたら”

  1. yuki より:

    怖いけど僕も同じ体験した気が····

コメントを残す


気が向けば一押し応援していってください(*´∀人)♪
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 心霊・怪談へ ←ブログランキング参加中
サブコンテンツ

月別の投稿表示

カレンダー

2017年9月
« 8月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
特定のキーワードからサイト内の記事を検索するには、すぐ下の「検索窓」からキーワードを直接入力してご利用ください。
アクセスランキング

このページの先頭へ