うちの学校だけにあった七不思議 1/2

非常階段

 

俺が通っていた小学校は、

歴史が古い学校だった。

 

現在、高校生の俺が

その小学校に在学していた頃にも、

 

もう開校110年はとっくに過ぎていて、

 

数え間違いがなければ

今年で126周年を迎えるはずだ。

 

そんな古い学校にも、

 

他の学校に漏れず、

学校の七不思議はちゃんとあった。

 

音楽室の笑うベートーヴェンや、

理科室の走る人体模型等々。

 

テンプレートに添った面々が登場する中で、

 

我が校のオリジナルというか、

他の学校に無い異彩を放つ話が、

 

『手すり女』

 

という七不思議だった。

 

噂の内容はこうだ。

 

うちの学校には、

 

今はもう使用禁止になっている

外階段というものがある。

 

呼んで字のままの、

外に面した階段。

 

コンクリートの粗末な造りで、

背丈の低い手すりが付いている。

 

元は、地震や火事が起きた時の

避難用に使われていた階段だったが、

 

子供がすべって落下すると危ない

という意見が寄せられ、

 

校舎の内部に別に避難階段が

造られてからというもの、

 

本当に存在意義をなくし、

今では誰も使おうとしない。

 

昔々のまだ校舎が木造だった頃、

 

その外階段というのは

自由に解放されていて、

 

生徒も昇降に利用していたという。

 

そんな時代に、

 

クラスで酷いイジメにあっている

女の子がいた。

 

その子は休み時間の間は

クラスにいることが辛くて、

 

いつもその外階段の手すりにもたれて

外の景色ばかり見ていたという。

 

その頃の校舎は相当ガタが来ていて、

 

木造だったため脆く、

よく器物が破損することもあった。

 

ある日、いつもと同じように

外階段に訪れた少女は、

 

手すりが腐っているのに気づかずに

寄りかかってしまったという。

 

ガクン、と前のめりになる

感覚を感じた瞬間、

 

校舎の四階から少女の体は

宙に投げ出されていた。

 

突然訪れた浮遊感に驚いた頃には、

もう少女の体は地面に叩きつけられていた。

 

即死だったという。

 

血塗れになりながら、

少女は死んだ。

 

それからというもの、

 

その外階段には血塗れの

少女の霊が出現し、

 

外階段に近づく者を

突き落としてしまうという。

 

そして、

 

落とされた者は新たな手すり女として、

死んでもそこに縛られてしまうらしい。

 

そんな噂を聞いたのは、

俺が小学校三年生の時のことだ。

 

ガキのくせに冷めていた俺は、

そんなことを微塵も信じていなかった。

 

・・・が、その後しばらくして、

説明のつかない現象に遭うことになる。

 

以下、

俺が小学校三年生の時の話だ。

 

「それでね、

その血塗れの手すり女は、

 

外階段に来た人を突き落として

殺しちゃうんだって~」

 

今日もクラスはその話題で

持ちきりだった。

 

校舎の裏にある外階段に現れるという、

手すり女の噂。

 

この学校の七不思議の一つでもあるその話は、

 

人体模型やモナリザの絵といった、

いわゆるよくある話とは違い、

 

うちの学校にしかないその噂は、

七不思議の中でも皆の人気も高い。

 

だが、俺と、

俺と仲の良い一部のグループは、

 

そんな噂はちっとも信じていなかった。

 

それもそのはず、

 

その外階段という場所は、

俺達のいい遊び場だったからだ。

 

外階段には生徒立ち入り禁止の

張り紙が貼ってあるだけ。

 

実際には鍵付きのドアが一枚あって、

 

内側から鍵を外せば

簡単に侵入することが出来たのだ。

 

校舎の裏という場所と、

その手すり女の噂もあって、

 

外階段には全く人が現れなかった。

 

教職員が見張りに来ているわけでもなく、

 

そこは俺の仲間内のグループには、

願ってもない秘密基地だったのだ。

 

休み時間になると、

 

俺は友達を連れ立って

外階段で遊んでいた。

 

そんなことが毎日続いているのに、

手すり女は微塵も影を現さないし、

 

元々幽霊否定派が多かった俺達は、

 

怖がる女子達を完全に馬鹿にしていた

というわけだ。

 

その日の放課後も俺達は外階段に集まり、

くだらない話に花を咲かせていた。

 

俺達が話をするのは決まって

四階の踊り場だった。

 

俺達のクラスは三階にあるので、

 

三階から外階段に侵入し、

わざわざ一階分を上がった場所である。

 

そうする理由というのは、

 

ただ単に景色が綺麗だったから、

というのしか思い当たらないが、

 

何故か初めて来た時からそうなっていた。

 

今思うと、その時から俺達を引き寄せる

何かがあったのかも知れない。

 

(続く)うちの学校だけにあった七不思議 2/2

スポンサーリンク

コメントを残す


気が向けば一押し応援していってください(*´∀人)♪
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 心霊・怪談へ ←ブログランキング参加中
サブコンテンツ

月別の投稿表示

カレンダー

2017年9月
« 8月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
特定のキーワードからサイト内の記事を検索するには、すぐ下の「検索窓」からキーワードを直接入力してご利用ください。
アクセスランキング

このページの先頭へ