迫る足音までのカウントダウン

学校の階段

 

私が小6の時の話。

 

私が通っていた小学校は

創立100年を超した、

 

そこそこに歴史ある学校だった。

 

今は新しい校舎になってしまっているが、

私が通っていた当時の校舎は、

 

築50年は経っていそうな

古い校舎だった。

 

で、他の学校に漏れず、

私の学校にも七不思議というか、

 

3つほどの怪談があった。

 

1、

屋上が閉鎖されているのは、

昔に自殺した児童がいたから。

 

その児童の幽霊が、

 

自分の落ちた場所

 ↓

職員室前の廊下

 ↓

屋上に通じる階段(西階段)

 ↓

屋上

 ↓

※飛び降りて最初に戻る

 

と、さ迷い歩いている。

 

2、

学校のジャージが青いのは、

 

上記の児童が自殺した当時の

ジャージの色が赤だったから。

 

3、

この学校を建てる時、

白蛇を殺してしまった。

 

その白蛇の呪いで、

運動会の時は必ず雨が降る。

 

(この噂は本当だった。

運動会には必ず雨が降っていた)

 

で、私が体験したのは、

たぶん1番の怪談。

 

もうすぐ卒業ということで、

 

学級のレクリエーションとして、

バーベキューと肝試しをすることになった。

 

私は肝試しで脅かす役になった。

 

他の脅かす役のクラスメートたちと

火の玉セットみたいなのを買ったりして、

 

結構楽しみにしていた。

 

そして当日。

 

バーベキューをして、

そこそこに日も暮れてきた頃、

 

私たち脅かす役組は準備のため、

一足早く校舎の中に入った。

 

暗くなった校舎の中は

普段とは違って不気味で、

 

古さも相まって

結構雰囲気があった。

 

私は二階と三階の間の階段を

走って昇ったり、

 

降りたりして脅かす役だった。

 

上履きでパタバタと走る音は

壁と壁に反響して、

 

中々に怖そうだった。

 

この役は私一人だったので

少々怖かったが、

 

二階の階段の隣の部屋には

他の脅かす役が二人いたし、

 

三階にも六人ほどいたので、

それほど恐怖心は湧かなかった。

 

そして肝試しが始まった。

 

回る順番は、

 

玄関から入って

 ↓

一階の階段

 ↓

二階の教室

 ↓

もう一つの階段で三階へ

 ↓

三階の廊下

 ↓

階段前でUターン(この時に足音を出す)

 ↓

上がってきた階段で一階へ

 ↓

玄関

 

という順番だった。

 

結果は大成功。

 

みんな大いにビビってくれた。

 

そして、

最後の一組が終わった。

 

(この時点で私は二階にいた)

 

各々の教室から

脅かす役の子が出てきて、

 

三階にいた子たちも来て、

さぁ下に戻ろう、という時。

 

きゅっ・・・きゅっ・・・

 

と誰かが階段を昇ってくる微かな音が。

 

最初は「まだ誰かいた?」

みたいな感じで耳を澄ませていた。

 

ところが。

 

きゅっ・・・

 

「・・・」

 

きゅっ・・・

 

「・・・ん」

 

きゅっ・・・

 

「じゅう・・・」

 

足音の後に何か、

声が聞こえる。

 

足音は一階の踊り場あたりから

聞こえてきた。

 

きゅっ・・・

 

「ろくじゅぅ・・ち」

 

きゅっ・・・

 

「ろくじゅう・・・なな」

 

きゅっ・・・

 

「ろくじゅう、ろく」

 

ちょっとずつ数が減っていく。

 

「ねぇ・・・何かおかしくない?」

 

おかしいというより不気味だった。

 

窓から入ってくるグラウンドの明かりが

唯一の光源の中、

 

こちらに向かってくる声。

 

きゅっ・・・

 

「ごじゅう、ご」

 

何を数えているんだ?

 

・・・そして気がついた。

 

この階段は一区切り12段。

 

×2で一階分。

×6で三階分。

 

プラス、

屋上への階段は確か8段。

 

合計80段。

 

で、今「ろくじゅう、さん」。

 

80引く63で17段昇ったことになる。

 

足音は一階の踊り場あたりから、

除々に昇っている。

 

この計算が合っていれば、

 

この声は屋上までのカウントダウン、

ということになる。

 

そのことを小声で言うと、

 

「そういえば・・・ヤバいよ。

この階段って・・・」

 

その一言で思い出した。

 

今いるこの階段は、

あの怪談に出てくる西階段ではないか。

 

きゅっ・・・

 

「ろくじゅう・・・」

 

じりじりと声に押されるように

階段を昇っていた私たちは、

 

「おい、静かに階段を昇るぞ。

別階段から降りるんだ」

 

と誰かが言った言葉に従い、

速く、かつ、静かに階段を昇った。

 

三階に来て、

急いで西階段から離れた。

 

これで大丈夫だ・・・と、

ほっとした瞬間、

 

ダダダダダダッ!!!

 

「ごじゅうろく!」

「ごじゅうご!」

「ごじゅうよん!」

 

「キャハハハハハッ!!」

 

と、物凄い足音とともに、

狂ったような笑い声が響いた。

 

「うわあああああ!!」

 

静かになんて言ってられる

状況じゃなかった。

 

私たちはダッシュで

三階の教室前を走り抜け、

 

東階段へ向かった。

 

走っている間も後ろから、

 

「よんじゅうに!」

「よんじゅうきゅっ!」

「ごじゅうさん!」

 

と、デタラメな数をかぞえた声が

聞こえてきていた。

 

「アハハッ!キャハハハッ!

よんじゅうきゅう!よんじゅうきゅう!」

 

階段は二段飛ばしか、

ほとんど飛び降りるような勢いで降りた。

 

そして一階。

 

防火扉が閉まっていた。

 

それを見た時の絶望感といったら。

 

私たちは扉を必死で叩いた。

 

ドン!ドン!ドン!

 

でも開かない。

 

そしてそんな私たちをいたぶるように、

さっきとは打って変わって、

 

きゅっ・・・

 

「にじゅう・・いち」

 

きゅっ・・・

 

「にじゅう・・・」

 

と、ゆっくり降りてきた。

 

殺される!殺される!!

 

今思えばあのパニック状態でよく

思い浮かんだなってくらいなんだけど、

 

防火扉にはもう一つ、

小さな扉があるのをご存じだろうか。

 

そのことをふと思い出した。

 

慌てて私はそこを押した。

 

キィ・・・開いた!出られる!!

 

「おいっ!みんな、

こっちこっち!!」

 

きゅ・・・

 

「じゅう・・はぁち」

 

声は、振り向けば姿が見える

ところまで来ていた。

 

みんなは急いで、

そこから廊下へと転がり出た。

 

「きゅ・・ぅ・・・」

「はぁ・・ち」

 

一番最後に出た子なんて、

もう半泣きだった。

 

そして全員が廊下に出た時、

 

「に・・・ぃ」

「い・・・ち」

 

ドガアン!!!

 

防火扉に体当たりでもしたような、

物凄い音がした。

 

防火扉からそいつが出てくることもなく、

無事に帰れた私たち。

 

慌てて飛び出して来たうえ、

 

立ち止まった途端に泣き出した私たちに、

他の人はびっくり。

 

「何があった?」

 

と言われたが、

 

その時の私たちには説明出来るほどの、

体力も気力もなかった。

 

そして後日。

 

落ち着いた私たちはそのことを言ったが、

もちろん誰も信じてくれず。

 

場を盛り上げるための演出だったと、

片付けられてしまった。

 

だが、そんなことはない。

 

だって、私を含めた9人全員が、

音も声も聞いたのだから。

 

(終)

スポンサーリンク

コメントを残す


↓↓気が向けば応援していってください(*´∀人)♪
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 心霊・怪談へ (ブログランキングに参加しています)
サブコンテンツ

月別の投稿表示

カレンダー

2017年10月
« 9月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  
特定のキーワードからサイト内の記事を検索するには、すぐ下の「検索窓」からキーワードを直接入力してご利用ください。
アクセスランキング

このページの先頭へ