風俗嬢が男の背中に見たもの

背中

 

デリヘルの風俗嬢から聞いた話。

 

久しぶりの新規の予約に、

勇んでラブホテルに向った彼女。

 

待っていたのはサラリーマン風の、

いかにも神経質そうな男だったらしい。

 

部屋に入ると、

男は大声で「脱げ!」と命じた。

 

不安が錯綜し、

彼女の愛想笑いが消える。

 

※錯綜(さくそう)

複雑に入りまじること。

 

要望に応え衣服を脱ぎ捨てると、

男は顔を近づけ鼻を鳴らしながら、

 

「くせぇ~くせぇ~」

 

と繰り返す。

 

震える身体を必死に抑え、

男にシャワーを勧める彼女。

 

男は浴室でもベッドでも、

興奮しなかったそうだ。

 

世話しなく両指を動かし、

剥き出しの歯をギリギリと擦り合わせる男。

 

彼女はただ時間の過ぎ行くことを

祈っていた。

 

男の背中に引掻いた様な

ミミズ腫れを見つけた彼女。

 

途端、一気に血の気が引く。

 

ようやく時間になると、

そそくさとホテルを後にしたらしい。

 

男は何度も延長を交渉してきた様だが、

彼女は頑なに断った。

 

「だってね、あの背中のキズ・・・

『ニゲテ』って読めたんだもん」

 

数年前にその地域で発生した、

デリヘル嬢惨殺事件。

 

実はまだ未解決なのだそうだ。

 

(終)

スポンサーリンク

コメントを残す


↓↓気が向けば応援していってください(*´∀人)♪
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 心霊・怪談へ (ブログランキングに参加しています)
サブコンテンツ

月別の投稿表示

カレンダー

2017年10月
« 9月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  
特定のキーワードからサイト内の記事を検索するには、すぐ下の「検索窓」からキーワードを直接入力してご利用ください。
アクセスランキング

このページの先頭へ