街中の音が突然消えた時

電車

 

これは、霊に呼ばれてしまったと感じた体験談。

 

高校の夏休みの時、いとこの家へ遊びに行こうとしていた。

 

確か、お盆前だったか。

 

めちゃくちゃ暑くて、景色が揺れて見えるほどだった。

スポンサーリンク

手招きをする女の子

セミの鳴き声も、工事の音も、電車の音も、「うるさいなあ」と思いながら歩いていた。

 

それに、さすがは夏休み中だ。

 

子供がはしゃぐ声が遠くから響いてくる。

 

・・・が、しばらく歩いてマンションが立ち並ぶ区域まで来た時に、「あれ?」と気づいた。

 

音が消えている。

 

セミの鳴き声も、工事の音も、電車の音も、子供の声も。

 

「うわっ、ヤバイ。日射病?」と思ったが、身体は正常のように感じた。

 

しかし、強い日差しで陽炎のように景色が揺れている。

 

その時、呆然としたまま立ち尽くす俺の横を、赤いスカートを履いた女の子が走り抜けていった。

 

ちょっと走ったら女の子は立ち止まって振り返る。

 

そして手招きをする。

 

俺は、とりあえず付いて行ってみようと思った。

 

しばらく女の子に付いて歩いていると、突然肩をつかまれた。

 

顔を向けると、紺色の着物を着た若い男の人が立っていた。

 

次の瞬間、全ての音が帰ってきた。

 

迫る電車の音に、俺は慌てて後ろに下がる。

 

いつの間にか俺は線路際に立っていたのだ。

 

もう少しで電車に飛び込んでいたのかもしれない。

 

着物姿の若い男の人も、赤いスカートを履いた女の子もいなかった。

 

いとこに聞いてみたら、「昔、電車にはねられて亡くなった女の子がいた」とのこと。

 

どうやら“呼ばれてしまった”らしい。

 

それに、霊感のある友人が言っていたことを思い出した。

 

「お前の後ろの人、若いな」と。

 

あの時は後ろの人って何だよ?と思ったが、守護霊というやつなんだろうか。

 

本当に不思議な体験だった。

 

(終)

スポンサーリンク

あなたにオススメの記事


コメントを残す

スポンサーリンク
サブコンテンツ

月別の投稿表示

カレンダー

2019年10月
« 9月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

【特集】怖い話ランキング

2018年に投稿した怖い話の中で、閲覧数の多かった話を『20話』ピックアップ!
【特集】2018年・怖い話ランキング20
特定のキーワードからサイト内の記事を検索するには、すぐ下の「検索窓」からキーワードを直接入力してご利用ください。
アクセスランキング

このページの先頭へ