立ち退き宣告された団地の住人たち

団地

 

オカルト染みてはいないんだけど、

 

バイトで経験した、

自分とは縁遠い人たちの話を。

 

オレは知人の紹介で裁判所がらみの

バイトをしていたんだけど、

 

この仕事というのが、

 

団地に住んでいて何らかの理由で

立ち退きを宣告された部屋の荷物を片付け、

 

そして綺麗に掃除をして明け渡す、

というもの。

 

仕事の流れとしては、

 

①、

裁判所の強制執行員が、

 

令状みたいなものを差し出して

強制執行を告げ、

 

住人を追い出す。

 

(すでに立ち退いて空家に

なっている場合も多い)

 

②、

同行している鍵師が、

新しい鍵に交換する。

 

(呼鈴を押しても反応がない場合は、

 

裁判所の執行官立会いの下に、

鍵師が道具を使って鍵を開ける)

 

③、

執行官の号令のあと、

 

トラックで待機していた我々が

ダンボールを持って一斉に部屋内へ入り、

 

家具からごみまで全て運び出す。

 

東京地検特捜部の家宅捜索とか

よくテレビに映るけど、

 

傍から見るとあれに近いかも知れない。

 

そんな訳ありの人たちを相手にした仕事なので、

いろんな衝撃事実を目にしてきたんだ。

 

ほとんどの場合、

 

家賃の支払いが何ヶ月も滞って

退去命令が出るケースが多いんだけど、

 

中には団地住人の苦情なんかで

退去命令が出ることもある。

 

そんなケースで退去させられた

一風変わった住人たちの話を、

 

いくつかご紹介したいと思う。

 

①、鳩男

執行官のゴーサインが出た後、

 

我々は勢いよく階段を駆け上がり、

玄関のドアを開けた。

 

その瞬間、

数羽の鳩が襲い掛かってきた。

 

「うわっ!!」

 

とビックリしたのも束の間、

さらに恐ろしい光景が・・・

 

部屋に入ると、

50羽はいると思われる大量の鳩。

 

さらに、

床一面は鳩の糞で真っ白。

 

もちろん悪臭も、

そこらへんの臭さの比ではない。

 

床の鳩の糞は、

すでに10センチほど積もっており、

 

乾いて化石化している。

 

次の部屋に入ろうにも、

 

糞で底上げされた床が引っかかって、

引き戸も開かない。

 

仕方がないので引き戸を取り外し、

やっとの思いで居間にたどり着くと、

 

そこにはさらに驚くべき光景が・・・

 

居間の中心に蚊帳が立てられており、

蚊帳の中には布団が一枚。

 

その横にはトイレ代わりと思われる

バケツがひとつ。

 

そう、

 

ここの住人はこの蚊帳の中だけで生活し、

周りは鳩だらけという生活を送っていたのだ。

 

何がしたくてこのような生活を

送っていたのかは理解できないし、

 

当の本人も見たことがないため、

私には何とも言えない。

 

我々は愚痴をこぼしつつ、

 

延々とスコップで鳩の糞を

掬い続けるだけだった・・・

 

②、暴力団関係者

意外と知られていないが、

 

団地にはそっち系の人が

多く住んでいるらしい。

 

公団の場合は暴力団と分かれば

入居できないのだが、

 

下っ端の組員ともなると金も無いので、

 

何らかの手を使って

家賃の安い公団に住むらしい。

 

隠された銃を発見したこと数回。

 

日本刀の類はもう驚きもしない。

 

だけど、

そんな私でも腰を抜かしたものがある。

 

やくざ社会ではおなじみの「小指」・・・

 

冷蔵庫を開けると、

 

小さなの瓶のようなものには

液体が満たされていて、

 

その中に小指が沈んでいる。

 

その瓶には丁寧に油性マジックで

日付が書いてあった。

 

驚くことに、

そんな瓶が5個もあった。

 

さすがにその日は業務中止。

 

執行官が警察を呼んで、

我々は解散となった。

 

ミスを犯した後輩の指を集めるのが

趣味だったのだろうか・・・

 

そもそも立ち退きを喰らった本人は、

今何処に・・・

 

(逃亡中?刑務所?あの世?)

 

③、宗教関係者

立ち退きを喰らった人たちの半分以上は、

何かしらの宗教団体に入信している。

 

この仕事で部屋の荷物を片付けていると、

大抵は宗教の本が出てくる。

 

国内でも巨大な某新興宗教団体がほとんどだ。

 

金が無いから幸せを掴みたくて入信したのか?

 

それとも、

入信した為に有り金を失ってしまったのか?

 

いずれにせよ、

 

公団の家賃数万円が払えないほど

金銭的に困っている人が、

 

さまざまな宗教団体に入信している。

 

という事実だけは目の当たりにした。

 

④、最後に・・・

この仕事をやっていて、

 

やはりこれ以上の衝撃は無いと言えるのが、

そう「自殺」

 

私は5回ほど遭遇したことがあるが、

住人が死んでいた場合は、

 

執行官がその時点で強制執行の

中止を告げるため、

 

直接死体を見たことは無い。

 

ただ、

 

数週間後に死体が片付けられた部屋を

綺麗にするのは我々の仕事だ。

 

そんなケースの場合は事前にその旨を告げられ、

苦手な人は事前に仕事を辞退する。

 

まず、玄関のドアを開けると、

花瓶に花が置いてある。

 

一度、畳が赤茶けて

シミになっていることがあったが、

 

そのシミの輪郭が人の顔に見えて

仕方が無いこともあった。

 

どんな経緯でなぜ死を選んだのかは、

私たちには分からない。

 

我々は、ただただ部屋のものを

ダンボールに詰め、

 

ホウキで部屋を掃くだけだった。

 

そしてこの仕事は、

同じ団地に何度も訪れることが結構ある。

 

最も切なかったのが、

 

その自殺のあった約一年後に、

同じ部屋でまた自殺者が出たことだった。

 

さすがにこの時は、

仲間一同が無口になった・・・

 

偶然といえば偶然だが、

もしかすると何かあるのかも知れない。

 

この事実を知ってか知らずか、

 

二度目の自殺があった数ヵ月後、

すでに新しい住人が住んでいるようだった。

 

ここではあえて言わないが、

 

2chのローカル心霊スポットスレでも、

ここの団地はたまに名前が挙がる。

 

半年後、私は就職のために

このバイトを辞めたのだが、

 

三度目、四度目の自殺者が

出ていないことをただただ祈るのみ。

 

最後に・・・

団地にお住まいの皆さんへ。

 

隣近所に怪しい人はいませんか?

急に見かけなくなった人はいませんか?

 

団地は魑魅魍魎の世界ですよ。

お気をつけて・・・

 

※魑魅魍魎(ちみもうりょう)

いろいろな化け物。さまざまな妖怪変化。

 

(終)

スポンサーリンク

コメントを残す


↓↓気が向けば下のアイコンを応援(タップorクリック)していってください♪
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 心霊・怪談へ (ブログランキングに参加しています)
サブコンテンツ

月別の投稿表示

カレンダー

2017年12月
« 11月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  
特定のキーワードからサイト内の記事を検索するには、すぐ下の「検索窓」からキーワードを直接入力してご利用ください。
アクセスランキング

このページの先頭へ