金縛りは何かの前触れ

部屋のドア

 

昨日の夜、

嫌な体験をしました。

 

いつもより早くに眠気に襲われた為、

 

部屋の電気を消して

ベッドに潜り込みました。

 

私はいつも体の右側を下にして

寝るのですが、

 

体を右下にして寝ると、

部屋のドアが目に入るのです。

 

ベッドに入る前までは

あんなに眠かったのに、

 

いざ寝る体勢になったら、

何故か眠気が飛びました。

 

いまさら起き上がる気にもなれず、

ボーっとドアを見つめていました。

 

しばらくすると『ドクン!』と、

自分の心臓が大きく跳ねました。

 

(あれ?まずいかな?)

 

と、何かの危険を感じて

寝返りを打とうとしたら、

 

案の定、金縛りに。

 

金縛りに遭う前には絶対に目を閉じると

決めていたのですが、

 

昨日はダメでした。

 

目を開いたまま動かない体。

 

汗がじっとりと、

 

全身の毛穴から流れ出してくる

感覚だけがリアルです。

 

ドアから目を離せないでいると、

 

暗闇の中でほんの少しずつ、

ドアが開いていくのが見えました。

 

(いや、本当に勘弁して・・・

見たくないよ・・・)

 

と思っていたら、

 

開いたドアの向こう側に、

小さなおばあちゃんがいました。

 

腰が少し曲がっており、

着物を着たおばあちゃん。

 

両手を上品そうに体の前で組み、

まっすぐにこちらを見ています。

 

目が離せないままでいると、

 

おばあちゃんはゆっくりと

お辞儀をしました。

 

そして一歩、

部屋の中に足を踏み込んできました。

 

「いやいや、入って来ないで!!」

 

その瞬間、

 

無意識に大きな声で叫ぶと金縛りが解け、

消したはずの電気がパッと点きました。

 

もちろん、

ドアは開いていませんでした。

 

やたら礼儀正しいおばあちゃんでしたが、

その時は本当に怖かったのです。

 

(終)

スポンサーリンク

コメントを残す


気が向けば一押し応援していってください(*´∀人)♪
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 心霊・怪談へ ←ブログランキング参加中
サブコンテンツ

月別の投稿表示

カレンダー

2017年9月
« 8月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
特定のキーワードからサイト内の記事を検索するには、すぐ下の「検索窓」からキーワードを直接入力してご利用ください。
アクセスランキング

このページの先頭へ