寝静まった合宿の夜に

合宿

 

小学校の先生(以下、A)から聞いた話。

 

高校時代の部活の合宿で、

 

20人くらいが一つの大部屋に布団敷き、

詰め込んで寝ていた。

 

練習がキツイから、

 

みんな疲れて夜の10時には

寝てしまっていた。

 

朝起きると同級生Bの顔と足には

泥がついていて、

 

それが乾いた後のように汚れていた。

 

Aは全然記憶に無くて、

 

Bがどうして泥だらけなのか分からないけれど、

他に誰も気にもせず、

 

今日はちゃんと風呂で体を洗えよ、

くらいに言っていた。

 

その日もみんなすぐに寝たんだけれど、

 

Aは夜中にトイレに行きたくなり、

起きるとBだけが布団に居なかった。

スポンサーリンク

同級生Bの身に起きていた恐ろしい事・・・

あいつもトイレか?と思って、

一つしかないトイレに行ったが、

 

Bは居なかった。

 

あれ?あいつどこ行ったんだろう?

と不思議に思っていた。

 

用を済ましてそのまま部屋に戻っても、

やっぱりBは居ない。

 

おかしいなあと思いつつも、

 

睡魔には勝てず、

そのまま寝てしまった。

 

朝起きるとBは布団に居たが、

やっぱり顔と足が泥だらけになっていた。

 

さすがにBも不安になって、

 

「なぁA、ちょっと明日の夜、

俺を見ててくれないか?」

 

と相談してきた。

 

AはBの隣に寝ることにし、

 

Bが起きたらすぐ分かるようにと、

Bの腕と自分の髪を糸で縛った。

 

そして夜中、

Aは髪の毛が引っ張られて起きると、

 

Bは立ち上がり、

部屋を出て行ってしまった。

 

腹が減って無意識に食堂にでも

行くのかと思ったら、

 

Bはそのまま裸足で外に出て行ってしまった。

 

合宿所は山の中だったけれど、

Bはどんどん奥に進んで行き、

 

10分ほど歩いたところで突然立ち止まり、

おもむろに地面を掘り始めた。

 

その場所は、なんと墓地

 

墓地と言っても、

 

墓石が綺麗に並んでるような

立派な場所ではなく、

 

卒塔婆が立てかけてあるだけの

古い墓地だった。

 

※卒塔婆(そとうば)

お墓の後ろに立てる細長い板のこと。

 

Aは離れたところから見ていたが、

 

Bは地面から何かを掘り起こし、

バリバリと食っているようだった。

 

暗くてよく見えなかったが、

どうやらこの墓地は土葬用らしく、

 

Bが食っているのは、

ほとんど白骨化した死体だった。

 

さすがにAは焦って逃げ出したが、

 

物音に気づいたBは、

チラっと睨んで追ってきた。

 

Aは全力で走って宿まで戻り、

 

布団に潜ってやり過ごそうとしていたら、

Bが部屋に入ってきた。

 

Aは焦っていたけれど、

 

部屋には20人もいるからバレないだろう、

と思っていた。

 

すると、

 

Bは一番端で寝ている奴の心臓に

耳を当て始めた。

 

しばらくすると、

その隣の奴の心臓にも耳を当てる。

 

どうやら心臓の鼓動を調べているらしく、

 

全力で走ってきたばかりのAは、

かなり鼓動が早くなっていたので焦った。

 

頼む!心臓よ静まってくれ!

 

と願えば願うほど、

心臓は激しくなるばかり。

 

そうこうするうち、

 

ついにBはAの隣の奴の心臓に

耳を当て始めていた。

 

目を瞑って誤魔化せば大丈夫だと祈って、

とにかく寝たフリをしていると、

 

Bの耳がAの胸に乗っかってきた。

 

相変わらず心臓の鼓動は早いが、

 

大丈夫大丈夫と自己暗示をかけていると、

スッとBの耳が離れていった。

 

そして隣の奴にBは移っていった。

 

はぁ・・・良かった・・・

なんとかやり過ごしたようだ・・・

 

と思い、

しばらくそのまま寝たフリをした。

 

10分ほど経った頃、

 

どうなったんだろうと思って、

薄っすらと目を開けた。

 

と、その時・・・

 

目の前の5センチの至近距離に、

明らかに逝った目をしたBがいた。

 

そして、

Bは一言だけ呟いた。

 

「見つけた」

 

(終)

スポンサーリンク

コメントを残す


↓↓気が向けば下のアイコンを応援(タップorクリック)していってください♪
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 心霊・怪談へ (ブログランキングに参加しています)
サブコンテンツ

月別の投稿表示

カレンダー

2017年12月
« 11月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  
特定のキーワードからサイト内の記事を検索するには、すぐ下の「検索窓」からキーワードを直接入力してご利用ください。
アクセスランキング

このページの先頭へ