あの骨壷を見てから異常なほど転ける

墓地

 

これは、母とお墓参りに行った時の話です。

 

帰りに、水汲み場に残ったお水を捨てに行き、バケツを返していました。

 

すると母が、「天気が悪くなってきたから早く帰ろう」と私に声をかけました。

 

私は『分かった』と返事をしようと母の方へ顔を向けようとしたところ、なぜかゴミ捨て場の裏を覗くような動きをしたのです。

 

そこには、骨壷を収めた箱がポツンと置いてありました。

スポンサーリンク

あんたは気づいてくれたから

私は思わず、「うわっ、骨壷や!」と声をあげました。

 

母は「見なかった事にして早く帰ろう」と、さっさと霊園を出て行きました。

 

私も慌てて駐車場に向かいました。

 

それからというもの、やたらと転(こ)けるのです。

 

“何もないのにつまづく”という事を繰り返しました。

 

平坦な道路や横断歩道、それに階段と、あらゆる所で転びます。

 

とにかくその数が尋常ではありません。

 

私は『変なのがまた憑いたのかな?』と思い、地元の神社にお参りをしようと向かいました。

 

以前にその神社の先生から、「神社の鳥居を一杯くぐりなさい。悪いものを祓ってくれるから」と言われていたのを思い出し、悪いものが憑いていたら取れるだろうと考えたからです。

 

しかし、神社に着いてさっそく鳥居をくぐろうとするも、階段の真ん中あたりで大きな蜂に邪魔をされて参拝できません。

 

私が階段から離れると、その蜂の姿も見えなくなるのですが、近づくとまた姿を現します。

 

これは何かに邪魔されているのかな?と思った私は、先生に直接連絡を取ってもらいました。

 

今回は先客がいなかった為、すぐに左の部屋に通されました。

 

そして、「異常なほど転けるんです」と、先生に最近の事を伝えました。

 

神社に入れなかった事や、鳥居をくぐることも出来なかった事も伝えました。

 

すると先生は一息吸うと、「背中をこちらに向けて、手は胸元で合わせ目を瞑るように」と言われ、しばらく呪文のようなものを唱えていました。

 

30分程そうしていたでしょうか。

 

私はその間、随分と長いなぁと考えていました。

 

そして突然、「はい、終わった」と先生は言われました。

 

続けて、「あんた骨壷を拾ったか?」といきなり言われました。

 

私は「霊園のゴミ捨て場で見かけました」と答えると、「その人が付いて来ていた。どうして供養してくれないのか、と」

 

実は、先生に言われるまで骨壷の事は忘れていたので本当に驚きました。

 

おかしな現象が起きていたキッカケはあの骨壷の箱でしょうが、それを見たのも一瞬だったし、母の『見なかった事』の発言で、私自身もあまり意識していませんでした。

 

以下、先生との会話です。

 

「えっ!?あんな一瞬で?」

 

先生「あんたは気づいてくれたから、供養してくれると思ったらしい」

 

「気づく?」

 

先生「たぶん、誰彼関係なしに呼んで、あんたは反応した。意識しないでゴミ捨て場の裏を覗いたやろ?」

 

「転けたのは何でですか?」

 

先生「生前は足を悪くしていたようで、気づいて欲しかったからや。あんたが自分に気づかないからどんどん転ばした、と」

 

「あの蜂もですか?」

 

先生「蜂は関係ない。偶然や」

 

そして最後に先生は、「これからそういうものを見かけたら、その場で『さよなら』と声に出して帰りなさい」と教えられました。

 

(終)

スポンサーリンク

あなたにオススメの記事


コメントを残す

スポンサーリンク
サブコンテンツ

月別の投稿表示

カレンダー

2019年7月
« 6月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  
特定のキーワードからサイト内の記事を検索するには、すぐ下の「検索窓」からキーワードを直接入力してご利用ください。
アクセスランキング

このページの先頭へ