実在しない13階に辿り着いたエレベーター

エレベーター

 

その男が仕事で地方に行った時、

 

ホテルで一泊してから明け方に帰ろうと、

仕事場近くのホテルを予約していた。

 

ホテルでチェックインを済ませ、

荷物などを置きに部屋へ。

 

部屋はホテルの最上階である12階。

 

部屋に着くと、

少し休憩してからすぐ仕事場に向かった。

スポンサーリンク

生死を彷徨うことになる男の運命は・・・

仕事は深夜までかかり、

 

ホテルへ帰って来た時にはクタクタで、

早く寝たいという気持ちで一杯だった。

 

ロビーを抜けてエレベーターの前まで行き、

 

(『↑』)のボタンを押して

エレベーターが下りて来るのを待っていた。

 

すると、

しばらくしてエレベーターのドアが開き、

 

中を見ると老婆が一人、

隅の方に立っていた。

 

老婆はこちらを向いて優しく笑っている。

 

降りないのかな?と不信に思ったが、

降りる気配がないので、

 

中に入って自分の部屋の階である

12のボタンを押し、

 

老婆と反対側の壁へもたれかかった。

 

しかし、前方にある操作盤を見ると、

 

自分の押した12のボタンが点灯しているだけで、

他の階は無点灯。

 

「ああ、このお婆さんも

自分と同じ階で降りるのだろう」

 

と勝手に思い込み、

 

12階へ着くまでエレベーター内の上部にある

階表示の電光板を見ていた。

 

ようやく自分の目的階である

12の表示が出たのだが、

 

エレベーターは止まろうとするどころか、

 

今まで上ってきた速度のまま、

まだ上へ上昇しようとしている。

 

このホテルは12階までしかないので、

いよいよこの状況が分からなくなった。

 

老婆の方を見ると、

動じず笑顔を浮かべているだけである。

 

エレベーターはゆっくりと減速し、

スッと止まった。

 

階表示には『13』と出ていた。

 

ゆっくりと扉が開くと、

眩い光がエレベーター内に差し込む。

 

ドアが開いた先には物などは識別できず、

神々しい光りで『真っ白な世界』だった。

 

すると、老婆はこちらへ微笑みながら、

光りの方へ歩き出した。

 

男は混乱し、

ただ老婆の後ろ姿を見ているだけであった。

 

光に包み込まれそうになっている老婆は

ふっとこちらへ振り返り、

 

依然として優しいその笑顔で

男に向かって手招きした。

 

男は外の光景があまりにも美しいので

出て行きそうになったが、

 

思い留まり慌てて『閉』のボタンを押して、

がむしゃらに他の階を押した。

 

ドアが閉じた時点で、

男は気を失った。

 

数日後、

 

男は仕事先の地方の病院で

目を覚ました。

 

看護師にどうして自分がここにいるか訊くと、

 

3日前にホテル前の歩道で車に轢かれ、

重体のままこの病院に運び込まれた。

 

搬送されてからずっと、

生死をさまよっている状態だったらしい。

 

(終)

スポンサーリンク

コメントを残す


↓↓気が向けば下のアイコンを応援(タップorクリック)していってください♪
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 心霊・怪談へ (ブログランキングに参加しています)
サブコンテンツ

月別の投稿表示

カレンダー

2017年12月
« 11月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  
特定のキーワードからサイト内の記事を検索するには、すぐ下の「検索窓」からキーワードを直接入力してご利用ください。
アクセスランキング

このページの先頭へ