合わせた鏡の中を午前0時に覗くと

鏡

 

私が子供の頃に体験した、

少し怖くて不思議な体験です。

 

小学生だった頃、

学校の怪談というものがブームでした。

 

口裂け女やトイレの花子さんなどに、

私は本気でビビっていました。

 

ご存知の方も多いと思いますが、

 

有名な怪談の一つに『0時の合わせ鏡』

というものがありました。

 

これは、

午前0時に鏡を向かい合わせると、

 

「悪魔が出る」だとか、

「未来の自分が見える」だとかいう話です。

スポンサーリンク

鏡に映っていた私の顔は・・・

口裂け女にマジでビビる私が、

そんな行為をするわけもないのですが・・・

 

私の姉が「やってみようよ♪」

と言い出したのです。

 

ちょうど祖母の家に手頃な姿見鏡が

あるのを知っていた姉は、

 

泊まりに行くという口実で、

それを実行することにしました。

 

祖母の家は無駄に広く、

 

それでいて午前0時なんて

普段起きていない時間に、

 

暗い部屋で待機しているのが

ひどく恐ろしく、

 

私は姉に「ねぇ、やめようよ・・・」

と何度も言いました。

 

しかし、

姉は全く諦める様子がありませんでした。

 

午後11時55分頃に鏡を合わせて

スタンバイしていました。

 

そして0時ちょうどになると、

 

姉と一緒に合わせた鏡の中を

恐る恐る覗き見ました。

 

なんの変哲もなく、

 

恐々と鏡を覗く私と姉が

何重にもなっているだけでした。

 

ほっと安心しました。

 

「何も起こらないね」

 

そう言って隣の姉を見やると、

 

何やら姉が私の顔を

不機嫌そうに睨んでいました。

 

「なに?」

 

私がそう言うと、

 

「あんたいつまで笑ってんの?」

 

と姉が言いました。

 

「笑ってないよ」

 

こんな不気味な行為をしている中、

笑う理由がありません。

 

「笑うなって言ってるでしょ!

気持ち悪い!」

 

そう言って、

姉は私のほっぺたをつねり上げました。

 

その後は喧嘩になり、

姉は片付けもせず布団に潜り込みました。

 

私は鏡を片付ける前に

もう一度だけ見ましたが、

 

そこには半ベソの私が何重にも

映っているだけでした。

 

もしかしたら、

 

ほっとした時に気持ちが緩んで、

思わず笑っていたのかも知れない。

 

そう思って翌朝、

姉に謝りました。

 

すると、

姉はこう言いました。

 

「あんたは鏡を覗く前から

ずっと笑っていた」

 

(終)

スポンサーリンク

コメントを残す


↓↓気が向けば応援していってください(*´∀人)♪
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 心霊・怪談へ (ブログランキングに参加しています)
サブコンテンツ

月別の投稿表示

カレンダー

2017年10月
« 9月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  
特定のキーワードからサイト内の記事を検索するには、すぐ下の「検索窓」からキーワードを直接入力してご利用ください。
アクセスランキング

このページの先頭へ