故郷から遠ざけられていた理由 1/2

祠

 

つい先日、私は20歳の誕生日を迎えた。

 

故郷から程遠い大学に入った為、今は一人暮らしをしている。

 

友達と騒ぎ倒し、飲み倒し、気付けば爆睡していた。

 

その着信に気付いて目覚めると、窓から夕陽が差し込んでいた。

 

携帯電話の着信画面を見ると母からである。

 

珍しいな・・・と思いながら、その電話に出た。

スポンサーリンク

母からの急な用件とは

「はい・・・もしもし・・・・・」

 

「誕生日おめでとう。その声は寝てたな。まあ誕生日やしね。ということはメールも見てないやろ?」

 

「メール? ごめん、見とらんわ。なんて?」

 

「次の土曜日に必ず帰省して欲しいんよ。バイトがあっても休んで。交通費も出すし、とにかく重要な話がある。直接話さないと」

 

「なにそれ、気持ち悪い・・・。分かった。土曜日・・・って明後日やん(笑)

 

「うん。とにかく絶対に帰って来てね」

 

そして電話は切れた。

 

薄気味悪いと思ったが、明後日になれば分かること。

 

母からのメールを確認すると先程の電話と内容は同じで、『とにかく帰省しろ』とのことだった。

 

そして土曜日、私は実家の前に立っていた。

 

古い木造の母屋。

 

小さい頃は怖くて近寄れなかった蔵。

 

手入れされた庭。

 

そして、その庭の奥にある祠(ほこら)

 

なにもかも懐かしく、そして久し振りだった。

 

何度か帰省しようとは思ったが、両親の都合が悪くて帰れなかった。

 

そんなことを考えながら、ボーっと家を見上げていると、窓からひょっこりと顔を出している小さな妹がいた。

 

「ねえちゃんおかえり! 待ってたんよ!!」

 

ウサギ似の私とは違い、鼻筋の通った地黒のオリエンタルビューティーな妹。

 

※オリエンタルビューティー

アジア系の美人。

 

そんな妹は小さい頃から身体が弱く、様々な手術を乗り越えてきたが、つい2年前に脳梗塞を発症した。

 

後遺症は幸いなことに残らず、それを最後に健康な様だ。

 

昔から私に懐いてくれている可愛い妹。

 

この2年間、ろくに電話もしていないことに気付く。

 

妹の声が聞こえたのだろうか、玄関が開いて母が顔を出した。

 

「おかえり。元気そうやね。はよ入りまい」

 

そう促(うなが)され、久し振りの我が家に入る。

 

居間に荷物を置き、スウェットに着替えて一息ついていると、奥の座敷から父の声がした。

 

「○○(私)、こちらに来なさい」

 

昔から厳格で寡黙だが、優しい父。

 

※寡黙(かもく)

口数が少ないこと。

 

妹と弟(部活で不在)には甘いが、私には凄く厳しかった。

 

長女だからと自らを納得させていたが、なんとなく父に対してコンプレックスを抱いていた。

 

(ふすま)を開くと、土気色の顔をした両親が並んで正座していて、その前に座布団が敷いてあった。

 

座るように言われ、私は恐る恐るその座布団に座った。

 

少しの沈黙の後、父が口を開いた。

 

「○○、おかえり。元気そうでなによりや。いきなり呼んで済まなんだ。とにかく話がある。分かってくれ」

 

「いいよ。話ってなに? それががいに気になって寝れなんだ」

 

※がいに

主に愛媛県の方言で、「非常に」や「大そう」という意味。

 

「ん・・・そやな。お前もこのあいだ20歳になって成人したしな。話さなね。お前、覚えとるか?ユミ(妹・仮名)が脳梗塞になった時、お前になんかあったやろ?」

 

「え?なんも無かったけど・・・。強いて言うなら、第一志望やった大学が奇跡で推薦が決まったことかな?」

 

「ん・・・。せやな。じゃあ、ユミが耳の手術をした時は? あん時お前は高2じゃ」

 

「高2といったらインターハイが決まった。・・・いや、秋やから国体やわ」

 

「じゃあ、ユミが幼稚園の頃に事故に遭って手術したやろ。その時は?」

 

「なに言いよるんや。話と何が関係あるんや。ユミの不幸が私となんの関係が・・・」

 

「あるんや! 答え!!」

 

「・・・覚えとらんわ。あん時、私は小学4年生やったやろ」

 

「お前はあん時、読書感想文で全国大会に行ったんや」

 

「・・・・・・」

 

「気付いたか?そうや、お前の幸せはユミの不幸と比例しとる」

 

「そんなん偶然やろ」

 

「違うんよ。このノート見て」

 

古い汚れたノート。

 

薄っすら黄ばんでいる。

 

それを開くと、びっしりと小さい字で私の名前と妹の名前が書いてあった。

 

▲月△日◎◎曜日

【○○が習字コンクールで金賞】

【ユミが頭を怪我。5針縫合】

 

▲月△日◎◎曜日

・・・・・・

・・・・・・

 

正直、薄気味が悪かった。

 

そのノートを見ると、確かに父の言うことは納得出来る。

 

それに、私が良いことがあり喜んでいると妹の身に何かあり、『良いことがあれば悪いことが起こる』という方式を自分の中で作っていたことも思い出した。

 

「お前はな、”いみご”なんや」

 

「・・・いみごって、忌むに子でいいんかな?」

 

「そうや」

 

「・・・・・・」

 

その時はまだ意味は分からなかったけれど、とにかく“良くない意味”というのは理解出来たし、未知の恐怖で涙が出てきた。

 

「ほんま、ごめんな。悪いと思ってるけど我慢して聞いてくれ。・・・大丈夫か?すまんな」

 

「・・・大丈夫。続けて」

 

(続く)故郷から遠ざけられていた理由 2/2

スポンサーリンク

コメントを残す


↓↓気が向けば下のアイコンを応援(タップorクリック)していってください♪
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 心霊・怪談へ (ブログランキングに参加しています)
サブコンテンツ

月別の投稿表示

カレンダー

2017年12月
« 11月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  
特定のキーワードからサイト内の記事を検索するには、すぐ下の「検索窓」からキーワードを直接入力してご利用ください。
アクセスランキング

このページの先頭へ