怪奇現象の絶えない家

障子

 

僕が小学生の頃、沖縄に住んでいた時の話。

 

当時の僕は、ひどい寝不足に苦しんでいた。

 

なぜなら、僕が住んでいたその家は、とにかく『怪奇現象の絶えない家』だったからだ。

 

一旦眠りについたとしても、必ず夜中の2時ぐらいに目を覚ましてしまう。

 

そして、必死になってまた眠ろうとするが、その時に妙な音が聞こえてくるのである。

 

ラップ音というやつだ。

 

誰も居ないはずの台所から食器がカチャカチャと鳴る音が聞こえたり、床を叩く様な音、何かが倒れる様な音、人の足音、人の声のような低い音。

 

そういうのが毎日のように続き、寝ようにも眠れず、寝不足に苦しんでいた。

スポンサーリンク

もうこの家とは関わりたくない

ある夜、僕はまた夜中に目が覚め、必死になってまた眠ろうとしていた。

 

すると、遠くの方から男の人の声が微かに聞こえてきた。

 

最初はよく聞き取れなかったけれど、その声がだんだん近づき、はっきりと聞こえてきたのである。

 

「こ・・・い、こ・・い、こ~い、こ~い」

 

誰かが外から呼んでいる。

 

僕はさすがに怖くなり、布団をめくりあげると、周りをあまり見ないようにして急いで隣の部屋で寝ている両親の部屋に駆け込んだ。

 

ドアは内側から鍵がかかっていたため、泣きながらドアを叩き、ようやく開けてもらった。

 

両親は何事かと思ったようだが、僕が青ざめた顔で「外から誰かが呼んでいる」と言うと、すぐに事態を察したらしく、一緒の部屋で寝ることになった。

 

そして寝ようとすると、ドアを思いっきり叩く音が。

 

だけどそれは、僕と一緒の部屋で寝ていた弟だった。

 

僕が部屋から居なくなっていることに気づき、後を追って来たらしい。

 

ホッとしてまた寝ようとすると、またドアを叩く音が聞こえた。

 

もうこの部屋の外には誰も居ないはずなのに・・・。

 

しかもそれは、ドアを叩くというよりは、何かがドアの前で暴れている、のたうち回っている様な感じだった。

 

僕はギョッとして、母親の目を見つめた。

 

母親は口に人差し指を当て、「しー」という動作をした。

 

両親もその現象は気づいていたようだけど、特に何かをしようとはしなかった。

 

しかしある朝、父親が青ざめた顔で変な夢を見たと言った。

 

夜中に目が覚め、突然『金縛り』に遭ったというのだ。

 

すぐ近くでお経が聞こえ、なんだか人の気配がする。

 

目を開いて横を見ると、一人のお坊さんが自分の横に座って、お経を唱えているというのだ。

 

そして、そのお坊さんの後ろには、泣いている沢山の人の姿。

 

なんと、自分の葬式が行われていたという。

 

大声で叫ぼうとしたり、必死になって身体を動かしているうちに、やっと目が覚めたらしい。

 

さすがに父親も怖かったのか、「お祓いをしよう」ということになり、神主さんのような人にお祓いをしてもらった。

 

しかし、その後も怪奇現象は止むことはなく、その後に色々な事情等から、その家を引っ越すことになった。

 

引っ越してからは夜に目が覚めることもなくなり、家庭内の雰囲気も明るくなった。

 

今、その家は他の人が借りて住んでいる。

 

しばらくして、その家を借りている人からこんな話があったそうだ。

 

昼間、テレビを見ながらふと窓の外に目をやると、若い上半身だけの日本兵と目が合ったのだという。

 

どういう霊がいるのかは分からないけれど、とにかくもうあの家とは関わりたくない。

 

(終)

スポンサーリンク

コメントを残す


↓↓気が向けば下のアイコンを応援(タップorクリック)していってください♪
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 心霊・怪談へ (ブログランキングに参加しています)
サブコンテンツ

月別の投稿表示

カレンダー

2017年12月
« 11月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  
特定のキーワードからサイト内の記事を検索するには、すぐ下の「検索窓」からキーワードを直接入力してご利用ください。
アクセスランキング

このページの先頭へ