宗教に熱心だった婆ちゃんの葬儀にて

葬儀

 

先日、婆ちゃんが亡くなった時の話。

 

住んでいる地方は戦時中から妙にカルト宗教率が高くて、婆ちゃんはそういった宗教に入っていた。

 

婆ちゃんは貧乏なくせに、結構な額のお金も納めるくらい熱心な信者だった。

 

婆ちゃんはかなりの苦労人で貧乏で子だくさんなのに、旦那が全然働かない人だったらしい。

 

一度家を手に入れても数ヵ月で手放さなきゃいけなくなったり、住むところがなくてよく知らない人と同居生活しなきゃいけなくなったりと、壮絶な人生を送っていたようだ。

 

幸せな老後なんてものもなくて、あちこちで借金しまくりの長男夫婦のせいで、結局最後の最後まで苦労とは切っても切れない縁だったようだ。

 

そんなもんだから、そういう宗教に頼っちゃうのも仕方ないよな、と考えていた。

 

そして婆ちゃんは痴呆の後、あっけなく逝ってしまったので葬儀を行うことになったのだが、その葬儀が本当に怖かった。

スポンサーリンク

知らない奴が圧倒的多数の葬儀

ちなみに、親兄弟も私も父も母も無宗教だ。

 

「婆ちゃんが死んだ」と、どこから聞きつけたのか、全然知らないこの地方の宗教を取り仕切っているお偉いさんが、ささっと来て、ぱぱっと何でもかんでも決めていってしまった。

 

見舞いにも一切来なかったのに、いきなりやって来ては遺族の意見も聞かずに他人の家の葬儀をセッティングするのか・・・と、この時点で薄気味悪く感じたものの、婆ちゃんの信じた宗教だからとそのまま葬儀は行うことになった。

 

そして葬儀当日。

 

会場からして奇妙で、普通の葬儀とは違っていた。

 

何が変なのかがよく分からないのだが、間違い探しのように微妙なものがあちこち違う。

 

普通の葬儀にあるものがなくて、ないものがあるみたいな。

 

その微妙な違いが気持ち悪かった。

 

それに、葬儀会場の受付からしてなんだか怖い。

 

「あの、○○家の葬儀会場は・・・」

 

「同志葬!同志葬!はこちらになります」

 

「いえ。葬儀です」

 

「同士葬!はこちらになっております」

 

葬儀の事を頑なに「葬儀」と言おうとしない。

 

その後も来た人に「祖母の葬儀に来て下さり・・・」と挨拶したら、「同士葬!」と半ギレ気味に何度も言い直された。

 

会場は、ほぼ3分の2が宗教関係者席。

 

それも知らない顔ばかりだ。

 

彼らも婆ちゃんを知らない方が圧倒的多数みたいだった。

 

入り口での挨拶がほとんど、「素晴らしい方だったとお聞きしており・・・」と又聞きだったのだ。

 

どうして婆ちゃんの葬儀で婆ちゃんの知らない奴が圧倒的多数なんだよ・・・勝手に呼ばないでよ・・・と。

 

知らないくせに飲み食いし過ぎじゃないかと思いながらも、3分の1の非宗教関係者の婆ちゃんの親族や友人たちは、小さなスペースに収まってその葬儀を見守ることになった。

 

そして始まった式の進行がなんだかおかしい。

 

「我が~会の同志葬ではお経の類は読み上げません。というのも、歴史的にはお経をあげるというのは後世に勝手に追加されたものであり、本来の日蓮宗では~我が~会の様式が最も正しいものであり~」

 

まず何をするにも私たちの宗教が正しい、と。

 

今の仏教は全て邪道で間違っている、というような説明。

 

凄く嬉しそうに如何に自分たちは正しいか読み上げる女の人が怖すぎる。

 

葬儀なのに、ここの部分だけ私たちの方を見ながらとても嬉しそうな表情だった。

 

私たち非教徒席に向かって、「お前らがいかにダメなもんを信じているか説明してあげてる」という感じのドヤ顔。

 

そして始まった大合唱に、非教徒席一同唖然・・・。

 

「南無妙法蓮華経!!!」

「南無妙法蓮華経!!!」

「南無妙法蓮華経!!!」

「南無妙法蓮華経!!!」

「南無妙法蓮華経!!!」

 

さらには皆が声に出して泣いている。

 

お前ら、婆ちゃんを知らないって入り口で言ってたじゃないか・・・。

 

なぜ泣いている・・・。

 

それからはもうやりたい放題。

 

自分たちが正しいかという説明の後によく分からない儀式があって、もう後半は聞き流していた。

 

故人を偲(しの)ぶよりも宗教の正当性の説明の方が長くて、一番悲しんでいるはずの親族一同は涙なんか流す余裕もなかった。

 

宗教の勧誘セミナーと大合唱だけの奇妙な葬儀に呆然とするしかなかった。

 

やっと解放された時には、心神喪失状態で遺族全員がクタクタだった。

 

帰り際に渡された粗供養品の中にも、また宗教関係のものが入っていた。

 

如何に信じていない人間がクソ野郎で堕落して見放されて、信じなかったばっかりにこれから汚れて不幸な人生を歩んでいくかという事と、如何に自分たちが清らかで神の恩恵を承っているか、みたいな内容だった。

 

そんな物、もちろんすぐ捨てたけれど、人の葬儀で勧誘までするのか・・・と疲れがどっと出た。

 

ちなみに香典は、勝手に「上納」として持って行ったとか。

 

葬儀代を出してくれたわけでも何でもないのに。

 

婆ちゃんを知らない人が大量に押し寄せて散々飲み食いした挙句に、奇妙なパフォーマンスでこんな酷い葬儀にしておいて・・・。

 

(終)

スポンサーリンク

2 Responses to “宗教に熱心だった婆ちゃんの葬儀にて”

  1. 774x より:

    そうか、そうか、大変だったな。

コメントを残す


↓↓気が向けば応援していってください(*´∀人)♪
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 心霊・怪談へ (ブログランキングに参加しています)
サブコンテンツ

月別の投稿表示

カレンダー

2017年11月
« 10月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
特定のキーワードからサイト内の記事を検索するには、すぐ下の「検索窓」からキーワードを直接入力してご利用ください。
アクセスランキング

このページの先頭へ