霊媒師が押入れから見つけたもの

押入れ

 

俺は大学3年なのだが、今一人暮らししているアパートの部屋がガチでヤバイ。

 

いや、「ヤバかった」というのが正しいか。

 

ちなみに、そのアパートの3階に俺は住んでいる。

 

事が起きたのは、去年の夏頃だった。

 

大学から帰って来ると、大家さんから俺宛に手紙が届いていた。

 

内容はこうだ。

 

『昼の12時くらいになると、時々風呂場から道路に水が垂れているから窓を閉めてほしい』

 

『子供が騒いでいるような声が聞こえるので静かにしてほしい』

 

昼間はもちろん俺は大学に居るし、子供なんて知らないし居るわけがない。

 

隣の部屋の人に聞いてみると、「子供が居るのは知ってはいたが元気が良いのはいいことですから」と言う。

 

正直、何が何だか分からなかった。

 

俺は管理会社に電話をかけることにした。

 

案の定、「昔ちょっと・・・」と答えづらそうだった。

 

どうやら過去に、この部屋で二人の子供が親から虐待されていて、うち一人が亡くなったらしい。

 

その後に何度か部屋を調査したが、何とも無かったと言う。

 

実際に起きているんですけど・・・と言うと、「霊媒師を紹介します」と。

 

そして5日後、霊媒師と管理会社の人と俺で部屋を見て回った。

 

霊媒師いわく、「何ともない」と。

 

ただ、「押し入れが悲しい・・・」みたいなこと言い出して、中を覗き始めた。

 

中は何ともなかったが、上の板を外したら“二足の靴”が並べて置いてあり、汚い字で『みつかっちゃった』と書かれていた。

 

霊媒師は、「除霊ではなくて清めるだけ」と言っては、水を撒いたり線香を焚いたりしていた。

 

そして、「靴はそのままにして置けないから、一週間だけ玄関に置いておいて下さい」と言われた。

 

その一週間は大学から帰って来ると、ドングリが置いてあったり、変な音がしたりしたが、霊媒師が靴を持って行ってからは無くなった。

 

それからは特に何も起きていない。

 

謝罪として管理会社から結構なお金を貰ったが、愛着もあるので今もそのアパートに住んでいる。

 

あなたの部屋の押入れにも、もしかすると何かあるのかも知れない。

 

(終)

スポンサーリンク

あなたにオススメの記事


コメントを残す

スポンサーリンク
サブコンテンツ

月別の投稿表示

カレンダー

2018年6月
« 5月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
特定のキーワードからサイト内の記事を検索するには、すぐ下の「検索窓」からキーワードを直接入力してご利用ください。
アクセスランキング

このページの先頭へ