死神と出会ってしまった男と神主

死神

 

これは、姉が実際に体験した話だ。

 

近所の神社が祭りの為に、臨時で巫女のバイトを募集していた。

 

姉はそれに応募して、見事採用される。

 

主な仕事は祭りの時期の接客であったが、祭りの後も土日だけ働けるようになった。

 

そんなある日のこと、姉が境内の掃除をしていると一人のサラリーマン風の男が声をかけてきた。

 

どうやら神主とお話しがしたいらしい。

 

セールスマンかな?と思ったが、とりあえず神主を呼び出した。

スポンサーリンク

近いうちに死ぬ!?

神主は境内で立っている彼を一目見るや、血相を変えて近づいてきた。

 

神主が彼に一言耳打ちすると、彼は肩をガクっと落として涙を浮かべた。

 

そして男と神主は、姉も入ることを禁じられていた部屋に二人で入っていった。

 

数分後、神主がノソっと顔を出して、姉に「日本酒を持ってきてくれ」と言った。

 

それから小一時間ほど経ったであろうか、彼と神主は部屋から出てきた。

 

彼は神主に何度も何度も礼を言っていた。

 

彼は財布からお金を10万円ほど取り出すと、「気持ちです」と神主に押し付けて帰っていった。

 

神主はその10万円から数枚の札を姉に渡すと、「日本酒が足りないから10本ほど頼んでくれ」と姉に言った。

 

姉は神主の言う通りに日本酒を頼んだ。

 

日本酒が届いた後、神主は先程の部屋にいた。

 

神主は、「部屋の前に置いておいてくれ。今日は帰っていい」と言った。

 

次の週、姉は神主に、先週あの後に何があったのかを聞いた。

 

要約するとこうだ。

 

あの男は死神と出会ってしまったようで、「近いうちに死ぬ」と宣告された。

 

それからは、ずっと死神がまとわりついていた。

 

彼はいくつかの寺や神社を訪れたが、彼の死神を見える人間はいなかった。

 

お祓いをしてもらってもまるで効果がなく、死神は消えない。

 

そもそも、彼が言い出すまで、彼が死神に憑かれていると気付いた人はいなかった。

 

しかし、神主は「見えた」と言う。

 

ある程度の力があれば、ここまで明らかな神は見えて当然らしいが、最近は力が無いのに寺や神社を継いでいる者も多いと言う。

 

そういったわけで、見える神主に除霊、つまりは『死神祓い』を頼んだそうだ。

 

だが、神主も見る力があるといっても、神を祓える程の力は無い。

 

だから彼に清酒をかけ、死神が少しだけ彼から離れた隙に、身代わりとなるものに憑かせたらしい。

 

しかし、所詮は身代わり。

 

力を抑え続けないと大変なことになる可能性もある。

 

そこで、清酒と身代わりを大量に用意し、当面はこれで力を分散させて対処法を練らねばいけない、とのことだった。

 

姉はその時は、怖がらせるつもりかな?程度にしか考えていなかった。

 

だが、そのあとすぐに事実だと悟るようになる。

 

ある平日の夕方、神主の奥さんから電話がかかってきた。

 

神主が亡くなったので、通夜も含めてこれからのことを相談したいの来てほしい、とのこと。

 

姉はなんだか嫌な予感がしたという。

 

姉はすぐに神主の家に向かった。

 

奥さんに何が原因で亡くなったのか等をやんわり聞くと、死因は不明だそうだ。

 

ただ、いくつもの酒まみれの紙人形と、数匹のねずみ等の小動物と一緒に、あの部屋で亡くなっていたそうだ。

 

その後、姉はその神社でのバイトを辞めた。

 

その事件から半年程して、奥さんが神主の亡くなった部屋で首吊り自殺した、という話を風の噂で聞いたという。

 

それで姉は確信した。

 

死神はまだあの神社のどこかにいるのではないか?

 

あの男の人は大丈夫なのか?

 

そして、あそこで部屋の外とはいえ近くにいた私は、死神に狙われているのではないのか?と。

 

話の最後に姉は、「それからはいつもこの御守りを肌身離さず持ってるの」と、三つの身代わり御守りを見せてくれた。

 

(終)

スポンサーリンク

あなたにオススメの記事


コメントを残す

スポンサーリンク
サブコンテンツ

月別の投稿表示

カレンダー

2018年12月
« 11月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  
特定のキーワードからサイト内の記事を検索するには、すぐ下の「検索窓」からキーワードを直接入力してご利用ください。
アクセスランキング

このページの先頭へ