帰れるのは一人だけ

雪山

 

これは、知り合いの体験話。

 

仲間三人で、雪山に篭っていた時のこと。

 

テントを畳んでいると、誰かが耳元で囁いてきた。

 

「一人だけ…。帰れるのは一人だけ…」

 

周りには、仲間以外に誰もいない。

 

気のせいだと思い、忘れることにした。

 

その夜から天候が悪化し、吹雪に閉じこめられてしまう。

 

吹雪は一向に止まず、食糧も尽きた。

 

しかし皆、何とか生き長らえ、全員が無事に下山したのだという。

 

その後一年の間に、知り合いの彼以外の二人は不慮の事故で亡くなってしまった。

 

「事故だって、偶然だって、わかってはいるけどね…。あの時のあの幻聴が気になって仕方ないんだよ」

 

あれ以来、彼はすっぱりと山を登ることを止めてしまったそうだ。

 

(終)

スポンサーリンク

あなたにオススメの記事


コメントを残す

CAPTCHA


スポンサーリンク
サブコンテンツ

月別の投稿表示

カレンダー

2022年11月
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930  

【特集】過去の年間ランキング

(2020年1月~12月)に投稿した話の中で、閲覧数の多かったものを厳選して『20話』ピックアップ!
【特集】2020年・怖い話ランキング20
─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─
アクセスランキング

このページの先頭へ