死んでしまった友人の話をしていた時に

玄関チャイム

 

俺は今30歳で、生まれも育ちも東京だ。

 

その日の夜、中学時代の地元の友人と10年ぶりくらいに電話で話していた。

 

話が同窓生のことになり、そのうち自殺した友人の島谷(仮名)の話題になった。

 

島谷はすでに結婚していたのだが、生活苦から家族を捨てて自殺したという。

 

そんなことをするような奴ではなかったので、驚きながら話を聞いていた。

 

時間は21時頃。

 

その時、「ピーンポーン」と玄関のチャイムが鳴った。

 

俺はドキッ!としつつ通話を中断し、インターホンに出る。

 

すると、「●●営業所から来た島谷と申します。新聞は取っていらっしゃいますか?」と話しかけてきた。

 

さっきまで死んだ島谷の話をしていた矢先、『島谷』という名前に一瞬ビクッとなったが、偶然だろうと気を取り直して勧誘は断った。

 

・・・だが、よく考えてみると、そんな遅い時間に勧誘が来たのは初めてでもあり、勧誘で名乗られたのも初めてだった。

 

(終)

スポンサーリンク

あなたにオススメの記事


コメントを残す

スポンサーリンク
サブコンテンツ

月別の投稿表示

カレンダー

2018年12月
« 11月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  
特定のキーワードからサイト内の記事を検索するには、すぐ下の「検索窓」からキーワードを直接入力してご利用ください。
アクセスランキング

このページの先頭へ