廃校になった学校から譲り受けた跳び箱

跳び箱

 

何年か前に少しだけ、ボランティアというかお助けで、地元の公民館に週2で行っていた。

 

内容は、昼過ぎから夜まで子供たちが学校帰りに遊びに来るので、その監視と片付けの手伝い。

 

そこには玩具や室内用の一輪車などが豊富にあったのだが、その中でも一番大きくて貫禄があるものがあり、それが『跳び箱』だった。

スポンサーリンク

怖くなって何も言えなかった

跳び箱は10段くらいあり、「なんで跳び箱がここに?」と最初は思った。

 

その跳び箱は薄汚れていて、玩具を入れる倉庫の隅にぽつんとあった。

 

聞けば、近くの廃校になった学校から譲り受けた物だという。

 

そこで2年くらいお手伝いを続けていたが、私情で引越すことになった。

 

その日が最後のお手伝いという日に、子供たちは手紙や折り紙で折ったお花などをくれたり、お別れの挨拶をしてくれた。

 

そして、私は「閉めますよ~」と言って、子供たちが全員出たことをいつもの様に確認した後、電気を消して公民館を閉めようとした。

 

すると、玩具をしまっている倉庫から「ガタン」と音がした。

 

その後も、「ガタガタ」と間を置いて物音がする。

 

今まではそんな事はなくて、私が来るのが最後だから、子供が隠れてイタズラでもしているのかな?と思った。

 

でも、公民館の中は真っ暗だ。

 

もちろん倉庫も真っ暗だったので、肝の据わった子だな~と関心していた。

 

私は、もう一度電気をつけて倉庫に向かった。

 

扉を開けると、誰かがいる気配は無く、さっきまでの物音は嘘のように静まり返っていた。

 

しかし、物音の原因を確かめるためには中を見て回るしかなかった。

 

一通り子供が隠れそうなところを見て、誰もいないことを確認した。

 

そして最後に跳び箱に目が行った。

 

・・・と同時にギョッとした。

 

跳び箱を持ち上げる時に手を入れる隙間から手が出ていた。

 

出てると言っても指まで。

 

人一人分の指が隙間から出ていたのだ。

 

さすがにビックリしたが、指は子供の指だったので、「ああ、やっぱり隠れてたんだな」と思い、声をかけて跳び箱に近づいた。

 

すると、スルッと指は跳び箱の中に入っていった。

 

見つかったんだから声ぐらい出せばいいのに、と思いながら跳び箱を持ち上げた。

 

・・・が、中には誰もいなかった。

 

私は途端に怖くなり、何も言えなかった。

 

パニックになりかけたが、そっと跳び箱を元に戻して、足早に扉まで向かって電気を消した。

 

そして扉を閉めようとした時、音からして明らかに跳び箱が持ち上がる音がした。

 

その後は一目散に逃げた。

 

(終)

スポンサーリンク

あなたにオススメの記事


コメントを残す

スポンサーリンク
サブコンテンツ

月別の投稿表示

カレンダー

2018年12月
« 11月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  
特定のキーワードからサイト内の記事を検索するには、すぐ下の「検索窓」からキーワードを直接入力してご利用ください。
アクセスランキング

このページの先頭へ